憧れの大アゴ
ノコギリクワガタ(クワガタムシ科)
Prosopocoilus inclinatus



                                  (2011.8.9:旧福江市南部)


★分布:北海道〜九州     ★大きさ:27〜74ミリ(オス)、25〜37ミリ(メス)  
★見られる時期:6〜9月


今も昔も少年達の心をつかんで放さないクワガタムシ。なかでも、このノコギリクワガタは
湾曲した大あごが素晴らしくかっこいい種類です。おとなになっても、出会えた時は
実にうれしいものです。赤味を帯びた体もいい感じだなあと思います。



福江にいた時は、ほとんど採ったことがありません。弟が、黒っぽい中くらいのものを
採ったことがあるぐらいです。そのクワガタは大あごをかみ合わせ、ギリギリと音を立てて
いたことを覚えています。当時はクワガタの上手な採り方も知りませんでしたし、
自転車も持っていなかったので、いそうな場所に探しに行くこともできなかったのです。



その後、福江を出て埼玉に行ったのですが、民家裏の林にたくさんいたりして(コクワガタも
含めて、一日で50匹も採ったことがあります)衝撃を受けたことを覚えています。また、伊豆
大島に遊びに行った時は、ペンションの敷地内のカキノキ(柿)の樹液に昼間から群がって
いましたし、夜になると街灯に次々と飛んできて、これにも驚きました。
ということで福江よりも他の地域でなじんできたノコギリクワガタだったのですが、
HPに載せる写真を撮るため、改めて福江のものを見つけることにしたのでした。
写真は大型のオスですが、外敵に対しては足をバッと大きく開き、大あごを真上に
カッと開いて威嚇します。これが実にかっこいいんですよね。



今回(2011年夏)は7,8匹に出会えましたが、ノコギリクワガタのオスは体のサイズによって、
ずいぶん大あごの形が変わります。写真下は中型サイズです。



これぐらいだと大あごのカーブはなくなって、まっすぐ伸びた感じの大あごになります。
これはこれで渋いのですけれど。



福江ではコクワガタやヒラタクワガタより少ない印象があるので、出会えた時の
うれしさも大きいです。夏に行ける時には、一度は顔を拝みたい昆虫です。
(2011.8.17記)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「動く図鑑MOVE 昆虫」 講談社
 

※甲虫@一覧へ戻る