毛で覆われた大粒コガネムシ
オオコフキコガネ (コガネムシ科)
Melolontha frater



                              (2009.7.11:三井楽町・白良ヶ浜)        


★分布:本州〜九州  ★大きさ:3センチほど   ★出現期:6〜8月 

3センチを越えることもある大型のコガネムシです。
赤茶色の体の表面には粉をふいたように細かい毛がびっしりと生えています。
これが名前にある「コフキ」というわけです。
海岸や川沿いに多いといわれています。写真のものは海岸の松林の中で見つけました。


                                          (2009.7.10:旧福江市大曲)

触角が大きくて目につきますが、これはオスの特徴です。



よく似た仲間でコフキコガネというのがいますが、こちらは九州には生息しません
(対馬にはいるらしいですが)。また、サツマコフキコガネというのも外見が
そっくりな上、こちらは九州でも見られます。違いはというと、オスの場合は
一番前の足にあるトゲの数で見分けられます。たまたま今回はオスだったのと、
これまた偶然に前足がわかるような写真があったので、これがオオコフキコガネで
あるとわかりましたが、メスだったらちょっとわからなかったかもしれません。
写真だけで種類を見分けるというのは、時にかなり難しいのです。
(2011.8.17)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

       「山渓 フィールドブックスL 甲虫」 山と渓谷社
      

※甲虫@一覧へ戻る