福江のものは小型?
カブトムシ(コガネムシ科)
Trypoxylus dichotomus



                                    (2002.8.6:鬼岳近く)


昔から子どもたちに大人気のご存じカブトムシです。
写真を撮るために夜、トラップ(エサをつかったワナ)を仕掛けて待ちました。
夜10時頃に行ってみたら何匹も集まっていて、子どものようにゾクゾクしてしまいました。
が、幹を歩き回るカブトムシを暗い中で撮影するのは思いのほか難しく、
よい写真は撮れませんでした。上の写真は、角が短い小ぶりなオスです。
どこで仕入れた情報か忘れましたが、福江島のカブトムシは小型のものが
多いという話を聞いたことがあります。確かに、この日に私が集めた
カブトムシのオス7,8匹のうち大きいものは1匹だけでした。
メス(写真下)はそんなに小さくないと思うのですが。

子どもの頃、カブトムシは夏になると家の明かりによく飛んできました。台所の
電灯にぶつかって落ちた大きなオス。手にした時はうれしかったものです。
私は旧福江市の木場町、市街地に近い福江川中流沿いに住んでいましたが、
今から20数年前までは、家の近くの街灯などでもカブトムシがよくとれました。
福江川にかかった「大正橋」という橋には水銀灯がついていますが、
夏休みの夜は毎日ここへ通ってカブトムシやクワガタを探しました。
ライバルに先にとられてしまうこともありましたが、それでもよく飛んできました。
でも、今はもう無理でしょう。木場町周辺では林がほとんどなくなりましたし、
大正橋のまわりにはもっと明るいものがたくさんできました。
今、夜に大正橋へ行くと「こんなに暗い明かりだったろうか?」と驚くほどです。
今は、市街地に近い家庭ではカブトムシが飛んでくることも珍しいのでは
ないでしょうか。

昔はカブトムシの幼虫もよくとりに行きました。歩いていける距離に腐葉土を
集積した場所があって、そこを掘ると幼虫がたくさん採れたものです。
まわりには広い田んぼだけが広がっている場所でしたが、そこは今、
昔の面影はみじんもない住宅地となっています。
(2007.6.25記)


※甲虫@一覧へ戻る