驚くと落ちます
セボシジョウカイ(ジョウカイボン科)
Athemus vitellinus



                                 (2011.5.7:旧福江市・吉田)


★分布:北海道(渡島半島)〜九州、伊豆諸島   ★大きさ:1センチほど  ★見られる時期:4〜8月

カミキリムシによく似た姿の”ジョウカイボン”の仲間です。春、草の上でよく目に
します。ややくすんだオレンジ色はよく目立ち、あたりに何匹もいることが珍しく
ありません。頭と胸の部分(背中に見えるところ)に黒い点があります。
2011年春の福江では、至るところで見かけました。


                                       (2011.4.24:岐宿町・水の浦)

小さな昆虫や花の蜜を好んで食べますが、面白いのは、ちょっと驚くとポロッと
草の上から落ちてしまうことです。そうやって敵から逃れる習性なのでしょう。
おかげで何度も逃げられました。



ジョウカイボン類は一見すると小型のカミキリムシ風ですが、ホタルに近い昆虫
らしいです。カミキリムシの幼虫は木の中にいますが、こちらの場合は地上にいて、
虫の死骸などを食べているとのこと。
(2011.7.15記)


※参考文献 「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

※甲虫@一覧へ戻る