模様いろいろ
セマダラコガネ (コガネムシ科)
Exomala orientalis



                              (2009.7.15:岐宿町・七ツ岳登山口)        


★分布:北海道〜九州  ★大きさ:8〜14ミリ   ★出現期:6〜8月 

葉っぱの上で見られることが多い小型のコガネムシです。
広葉樹の葉を好んで食べるといいますが、見つかるのは草っぱらばかりという印象を
持っています。珍しいわけではなく、「ああ、いるな」という程度に普通に見られます。


                                          (2009.7.10:旧福江市大曲)

名前にセマダラとあるように、体の背面に独特の模様があります。
斑紋の色や形には変化があり、島内でも赤茶っぽいものや黒っぽいものなどが
見られます。私は見たことはないですが、ほとんど真っ黒というものもいるらしいです。



植物の葉を食べるほか、花にもやってきますが、果樹や野菜などを荒らすことも
あるそうです。経路はよく知りませんが現在はハワイや北米地域に侵入しており、
害虫と見なされているようです。福江でも案外、畑でよく見られるのかもしれません。
(2011.8.17)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

       「山渓 フィールドブックスL 甲虫」 山と渓谷社
      

※甲虫@一覧へ戻る