クスノキ科がお好き
ホシベニカミキリ (カミキリムシ科)
Eupromus ruber



                             (2012.5.31:旧福江市・猪掛峠)


★分布:本州〜九州     ★大きさ:22ミリ     ★見られる時期:5〜8月 

福江市街からそう遠くはない猪掛(いかけ)峠。遠出したとき、峠のトンネルをくぐると
鬼岳が見えて、ああ、うちまでもう少しだ…という思いをいだきます。
その峠のトンネルのそばの木をふと見上げると、葉っぱの裏側になにか赤っぽい
ものがとまっていました。私は初めて見るカミキリムシで、体は朱色をベースに、
黒い斑紋がちらばっています。撮影するにはちと場所が高かったのですが、
なんとか背伸びして撮影しました。



正体はホシベニカミキリ。暖かい地方の海岸に近い場所に多く見られ、クスノキや
タブノキなど、クスノキ科の木の葉や枝の皮を好んで食べます。
私が見つけたのも、バリバリノキというクスノキ科の木です。確かに、葉を
かじっていました。
メスはクスノキ科の木の枝に卵を産みつけます。幼虫は生木を食べて成長し、
2年目の秋に枝の中でさなぎ→成虫になります。しかしその時は外へ出ずに
そのまま冬を越し、3年目の初夏にようやく外に出てくるのだとか。
ということは、私が見たものも、3年という時間を木の中で無事に過ごして
めでたく外に出たのでしょう。



撮影しにくいところにいたので、つかまえて顔のアップの写真を撮ろうと思いました。
持っていたスーパーのレジ袋を網代わりに捕獲し、袋の口をしばってバイクのかごに
入れ、そのまま帰ったのですが…さて、とレジ袋をあけて見るとカミキリがいない!
袋を調べると、見事にかみ破った痕がありました。思えば、生木を食い破ることが
できる虫なのです。薄いプラスチックのレジ袋などへのようなものなのでしょうね。
さすがはカミキリムシ。それ以上に、私の知恵が足らなかったというお話です。
(2012.6.30)


※参考文献   「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社
          「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※甲虫@一覧へ戻る