カラフルな斑紋  
アミダテントウ
(テントウムシ科)
Amida tricolor



                             (2013.6.7:三井楽町・浜の畔)


★分布:本州〜九州  ★体長:4ミリほど  ★成虫が見られる時期:4〜10月

花の撮影をしていたら、近くの葉の上にいました。体長4ミリほどと、一見
して小さい体ですが、カラフルで美しい姿にしばし目をとめてしまいます。
赤・黄色・黒の配色が素晴らしいですね。学名が「Amida tricolor 」とつ
いていますが、「tricolor 」は3色という意味合いです。

成虫・幼虫とも、アオバハゴロモという昆虫の幼虫を食べるそうです。


                      (アオバハゴロモの成虫・2012.9.24:玉之浦町・大瀬崎)

アオバハゴロモはセミやカメムシに近い昆虫で、木の枝にたくさん付いて
いますが、上の画像は成虫です。幼虫は白っぽいロウのような物質で体
を覆われていて、やはり木の枝についています。



一度出会えば、また見たくなるテントウムシでしょう。
(2016.5.28)


※参考資料

「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
「昆虫エクスプローラ」(HP)


※一覧へ戻る