ちょっと地味な大型タマムシ
ウバタマムシ(タマムシ科)
Chalcophora japonica



                                (2011.4.25:玉之浦町・大瀬崎)


★分布:本州〜九州、伊豆諸島、南西諸島   ★大きさ:24〜40ミリ  ★見られる時期:6〜8月

私はその昔、福江市街に近い緑小(緑ヶ丘小学校)に通っていました。校門から校舎に
向かうなだらかな坂道の左手には木々が植えられた園地があるのですが、
夏の頃、そこで遊んでいると時々この虫が見つかりました。当時すでにウバタマムシと
認識していましたが、子ども達の間では人気のない虫ではありました。大きい虫なので
とりあえず採ってはみるのですが、かっこいいツノがあるでもなし、色も地味ですし。
しばらく遊ぶと、釈放…となる虫でしたねえ。というわけで、子どもの頃はおなじみだった
このウバタマムシとも久々に出会いました。玉之浦の海岸で、小さなマツの木に
付いていたのです。



成虫はマツの葉を好みます。幼虫はやはりマツの木の中にいて、材を食べて
育つようです。時々、マツを利用した家具などから成虫が現れることがあるらしく、
その点では害虫と見なされてしまうこともあります。



成虫になるまでに3年近くかかるらしいです。これはちょっと意外でした。
                                      



基本的には夏の頃に見る虫で、春に見たのは初めてです。ネット情報では
越冬する個体もいるということだったので、もしかしたらこのウバタマムシは
冬を越して生き延びたものかもしれません。
(2011.7.15記)


※参考文献 「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

※甲虫@一覧へ戻る