浜辺の大型ゴミムシ
オオヒョウタンゴミムシ(オサムシ科)
Scarites sulcatus
準絶滅危惧 (環境省レッドリスト)



                                   (2010.5.16:島内某所)


★分布:本州〜九州  ★大きさ:3センチほど(28-43ミリ)   ★出現期:5〜10月 


島内某所の砂浜海岸で出会いました。クワガタのメスによく似た姿から、
ヒョウタンゴミムシの仲間であることはすぐわかりました。砂の中に潜ろうとしていたので
掘り出して撮影しました。ヒョウタンゴミムシと呼ばれる仲間は日本では20種類以上が
知られていて、その中で最大の種類がこのオオヒョウタンゴミムシです。
海岸に生息する中では大型昆虫といえるでしょう。



本来は夜行性ということですので、私が日中に見つけたのは幸運だったようです。
日中は海岸の砂中などに潜んでおり、夜になるとあたりを徘徊し、小さな生きものの
死骸などを食べるといいます。



まだ1カ所でしか見つけていないので、現段階では福江にどれぐらい生息するのか
わかりませんが、環境省のレッドリストでは「準絶滅危惧」のカテゴリーに
入れられています。全国的に自然海岸が減っていることが大きく関わっている
ようです。
節度のない昆虫コレクター(節度のあるコレクターもたくさんいますが)の害を
避けるため、場所は非公表としたいと思います。
(2010.11.14記)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 (南方新社)
       「山渓 フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社
         「新訂 原色昆虫大図鑑V」 北隆館


※甲虫@一覧へ戻る