最もポピュラーなカミキリムシか
ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)
Anoplophora malasiaca



                                    (2009.7.12:猪掛峠)


★分布:日本全土  ★大きさ:2.5〜3.5センチ    ★出現期:6〜8月 

黒くツヤのある体に、白い点が散在する外観。黒白で染め分けられた長い触角。
シンプルながら印象の強い姿です。各地で最も見かける機会の多い
カミキリムシではないでしょうか。
幼虫、成虫ともに生木を食べ、クワやイチジク、ミカン類など様々な木を食べます。
かつて福江に住んでいた少年の頃、家の近くに桑畑があったので、よく見られました。
今でもなぜか覚えているのは、畑と道の境目にあったハゼノキの幹に、
2匹で重なったゴマダラカミキリのペアがいる光景。
それを採ったのかまでは記憶がありませんが、2匹のゴマダラカミキリは
私の脳裏に映像としてしっかり焼き付いています。特に好きな虫というわけでもないのに
不思議なことです。



枝などを上っていくと、一番上にいってから飛び立ちます。
この時もそうでした。まだ2枚しか撮影していなかったので、おいおい、まだだ!と
心の中で叫びましたが、その願いむなしく、写真の相手は手の届かない木の上に
飛び去ってしまったのでした。
(2009.7.25記)


参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社) 


※甲虫@一覧へ戻る