秋の山頂で出会った
クロオビナガツツハムシ(ハムシ科)
Physosmaragdina nigrifrons



                             (2008.9.20:七ツ岳山頂)


★分布:本州〜南西諸島  ★大きさ:5ミリ   ★出現期:不明

秋の七ツ岳山頂で見つけた小さなハムシの仲間。鮮やかな朱色と黒の斑
紋のコントラストが非常に印象的です。一般向けの小さな図鑑には載って
いません。大きな図書館に置いてあった「原色昆虫大図鑑」をめくっていて
ようやく種類が判明しました。



図鑑によれば、イタドリ、マルバハギ、ナツフジといった植物を食べるよう
ですが、福江だとイタドリでしょうか。まだ一度しか見つけていないので、
詳細は不明です。
(2010.11.14記)


※参考文献 「新訂 原色昆虫大図鑑U」 北隆館


※甲虫@一覧へ戻る