ひとことで語れぬ珍虫
ヒメツチハンミョウ (ツチハンミョウ科)
Meloe coarctatus



                                  (2011.5.8:岐宿町・二本楠)


★分布:本州〜九州  ★大きさ:9〜23ミリ   ★出現期:4〜8月 

福江島のほぼ中央、金比羅宮への参道脇で出会ったこの虫。
おお、福江にもおったのか〜!と思わず感激してしまいました。
ツチハンミョウというグループは日本では15種類ほどが知られ、非常に変わった
生態を持つことで知られています。ハンミョウとは全く異なる昆虫です。
まず、この外見を見て下さい。鈍く青光りする金属光沢と、でっぷりした姿がなんとも
いえない異様を放っています。羽は退化していて飛べません。初めて見た人は、
いったい何の仲間なのかと驚き、たじろいでしまうかもしれません。この姿、
私などは寺沢武一作のマンガ「コブラ」に登場するアーマロイド・レディという
キャラクターを思い出してしまいます。
体の質感がよく似ていると思うのです。「コブラ」を知っている皆さん、どうでしょう。



写真のものはメスで、お腹に数千もの卵を抱えているのですが、オスはもう少し
スマートで、触角の形が少し違っているので見分けることができます。
眼がちょっとわかりにくいのですが、顔はアリに似ていると思います。



外見だけでも十分変わっているのですが、毒があることも特徴です。
体内にカンタリジンという有毒成分を持っていて、口や足の関節から出る黄色い液体に
これが含まれています。ですから、うっかり触れるとかぶれたりするので注意しなければ
なりません。かつてはこれを神経痛やリウマチなどの薬に使ったりしたそうです。

さらに驚くべきは、その一生です。
メスは土の中に数千もの卵を産むのですが、ふ化した幼虫は足の先に鋭い3本のツメを
持ち、草の上に這い上がります。そして花に訪れるハナバチ類を待ち構え、その体に
しがみつきます。幼虫はハナバチの巣穴(土の中にある)に運ばれ、そこでハチの卵や、
巣の中の花粉や蜜を食べて成長するのです。やがて幼虫はハチの巣穴の中で成虫となり、
冬を越してから地上に姿を現します。しかも、幼虫は脱皮をするたびに著しく異なった姿と
なる、「過変態」と呼ばれる非常に特殊な変態を行います。写真もありませんから詳細は
省きますが、動き回る姿の幼虫のあとで全く動かない/食べ物をとらない姿に変化し、
さらにその後、再び口や足を持つ姿に変態したりするのです。
ハナバチにぶら下がって巣へ侵入するという方法といい、常識外れの成長の仕方といい、
なんと驚きに満ちた昆虫なのでしょうか。まさに極めつきの珍虫です。



このメスも、不思議で壮大な旅を生き残ってきたのかと思うと、偶然の出会いに
なんともいえない感慨があります。数千もの卵を産むことを考えると、その中で
こうして成虫になれるのはほんの一握りに過ぎないはずです。



ちなみにこの虫を見つけたのは4/28日。しかし天候が悪く、写真を撮ることが
できなかったので、持ち帰ってしばらく飼っていました。小さなプラスチック水槽に
土や落ち葉を敷き、草を入れました。日中はうろうろと歩き回っていることが
多かったのですが、朝になるともぐもぐもぐと草を食べていました。
よく食べ、よくフンをするので、毎日新しい草を入れ替えていました。
世話をするうちに愛着もわいてきて、結局10日も飼っていたのですが、もといた
場所でお別れしました。
このメスの子どもたちは、奇想天外な生命の姿を今後も伝えていってくれるでしょうか。
(2011.7.15)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「山渓 フィールドブックスL 甲虫」  山と渓谷社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

       「ブリタニカ大百科事典」 平凡社

※甲虫@一覧へ戻る