お日さまのような姿
ツチグリ (ツチグリ科)
Astraeus sp.



                               (2013.2.27:岐宿町・大曲)


★見られる時期:夏〜秋    

山地の斜面が崩れたような場所などで見られるユニークなキノコです。
まるで土の中から花が現れたような、あるいは「お日さま」のような姿、初
めて見るとキノコとは思えないかもしれません。



中央に、たまねぎのような形のものがありますが、もともとそれは厚い皮
に覆われていました。その皮が割れて四方に広がり、このように花びらが
開いたような姿になるのです。
たまねぎ状の部分が直径2〜3センチ、広がった皮の端から端までが5〜
6センチぐらいかと思います。

今回は、山地に隣り合った農耕地脇の土手で見つけました。群生するこ
とが多く、あたりに10以上が見られました。



浅い土の中から現れてくるキノコですが、柄のようなものはなく、ひょいと
拾い上げることができます。



タマネギのような形の部分は袋状になっていて、中には胞子が詰まってい
ます。胞子は頂点部分にある穴から放たれるのですが、その胞子を吹き
出すのに役立っていると言われるのが、外側に広がった皮です。面白い
ことにこの皮は、湿度によって開いたり閉じたりします。湿ると開き、乾燥
すると閉じるのですが、この開閉運動によって袋が押され、胞子が出る助
けになっているというのです。


                                          (2013.2.27:岐宿町・大曲)

全国的にはごく普通に見られる種類だそうですが、福江島ではどうでしょ
うか。私自身はこれまで島内3カ所で見つけています。
通常は夏から秋に目にすることが多いようですが、冬に見つかることも
あります。食用にされることはありません。
(2014.12.30)                          


参考文献「きのこの見分け方 学研
     
 「山渓フィールドブックス きのこ」  山と渓谷社


※一覧に戻る