五島列島 福江島の博物誌福江島のキノコ・変形菌など〜
福江島のキノコ類
(現在16種)

※写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


日本には4000〜5000種類ものキノコがあると考えられています(林野庁HPより)。
それでは五島列島、あるいは福江島にどれだけの種類が存在するのかというと、
これがわからないのです。一般人が入手できる情報はほとんどないのではないでしょ
うか。これまで詳しく調べられていない可能性があります。ある意味では全く未知の
世界であるともいえるでしょう。


★半年以内に追加した種類

  なし  



(以下、現在の掲載種すべて)

テングタケ科の仲間
中・大型で目立つものが多いグループ。そして猛毒を持つ種類が少なくありません。

タマゴタケ シロテングタケ


ラッシタケ科の仲間
光るキノコとして有名なシイノトモシビタケ。2015年7月に発見(長崎県初記録)しました。

 シイノトモシビタケ

イッポンシメジ科の仲間

キイボカサタケ


シロソウメンタケの仲間

シロソウメンタケ  ナギナタタケ ベニナギナタタケ


ラクノクラジウム科の仲間

ニオイウロコタケ

ツチグリ科・ヒメツチグリ科の仲間

ツチグリ エリマキツチグリ


キクラゲの仲間(キクラゲ科、シロキクラゲ科など)

アラゲキクラゲ シロキクラゲ



アミガサタケ科の仲間

トガリアミガサタケ


キンカクキン科の仲間
ツバキの木の下に発生する小さなキノコ、ツバキキンカクチャワンタケは
探すと結構たくさん見つかります。

ツバキキンカク
チャワンタケ1.16

トウヒキンカクキン科の仲間

ニセキンカクアカビョウタケ


冬虫夏草の仲間
昆虫にとりついて発生するキノコ(菌類)。世界に580種ほどが
知られているといいますが、五島では調べた人がおそらくいない
と思われ、詳しいことがまったくわかっていません。

ツクツクボウシタケ1.16