ヤブツバキの木の下で
ツバキキンカクチャワンタケ 椿菌核茶碗茸 (キンカクキン科)
Ciborinia camelliae



                             (2017.1.16:五島市・鐙瀬)                     


★分布:日本、北アメリカ    ★見られる時期:冬〜春        

ヤブツバキの木の下に発生する、褐色の小さなキノコ。
名前が長いですが、単語で分けてみますとツバキ・キンカク・チャワン・タケ
となります。冬から春にかけて見られ、早春を告げるキノコとしてキノコファ
ンにはよく知られています。

キノコの直径は3ミリから18ミリほど。円盤状、または茶碗のような形を
しています。下の写真は真上から見たようすです。



その存在については以前から知っていたのですが、五島で探してみたの
は最近のこと。ツバキの開花シーズンに見られるものなので、2016年の
12月から福江島の数カ所をまわってみました。最初に見つけることができ
たのは、鐙瀬海岸の園地内です。


                                        (2016.1.15:三井楽町・岳)

その後、他の場所でも見つけました。最初はなかなかわからないのです
が、ひとつ見つかると次々に発見できる感じです。


           
実はこのキノコ、落ちて古びたヤブツバキの花(花弁や萼片)から発生す
るのです。掘り出してみると、黒くなった花の一部から出ていることがわか
ります。「キンカク」とは「菌核」で、菌糸が塊になったものを指します。それ
は外見上、黒くて小さな石ころのようなものだということなので、下の写真
の「黒くなった花の一部」がまさに菌核と言えるのだろうと思います。
キノコに関する資料は手元に少ないのですが、どうやら前年に落ちた花に
胞子が取りつき、翌年の開花シーズンにキノコとなって地表に現れるよう
です。



五島列島はヤブツバキの自生が多く、島のシンボルとして大きな存在です。
しかし椿の島と称している割には、ツバキに関わって生きている他の生命
についてはあまり関心を払っていないように思います。おそらく、このキノコ
についても、知っている島民は極めて少ないのではなかろうかと想像しま
す。



ヤブツバキの自生地では決して珍しくはなく、おそらく島内にもありふれて
います。ただ、ヤブツバキの花や葉などが落ちて積もり続けているような
場所でないと見られません。落ち葉や落花を掃除してしまうようなところに
は発生しないということです。木の下を見回して見当たらなくとも、落ち葉
や花を少しはぐってみると、高確率で出会えるでしょう。
撮影時は少し乾燥気味だったので、雨が降ったあとに様子を見てみよう
と思います。また、成熟したキノコからは胞子が噴出するようすが見られ
るらしいので、それも近いうちに目にしたいものです。なにせここは椿の島、
いくらでもチャンスはありそうですから。
(2017.1.16)                          


参考資料 「山渓フィールドブックス きのこ」 山と渓谷社
       「宮崎のきのこ」 みやざき文庫

※一覧に戻る