ドングリのできそこない…ではなく
クヌギエダイガフシ



                                  (2014.4.8:旧福江市・籠淵)


★分布:本州〜九州、朝鮮半島  ★できる樹木:クヌギ   
★形成者:クヌギエダイガタマバチ
Trichagalma serratae

クヌギの枝に見られる、クリのイガを思わせる形の虫こぶ。
その名はクヌギエダにできるイガのようなフシ(虫こぶ)と解釈できます。
クヌギエダイガタマバチという小さなタマバチの一種が寄生することが原因
となります。



直径は1センチほどで、たくさんかたまってついていることも多いです。



表面に見られる毛のようなもの、これはクリのイガなどと違って堅くはあり
ません。もちろん、触っても刺さる心配はないのです。



かつてこれが虫こぶだと知らなかった頃、私はドングリのできそこないか
と思っていました。
畑の脇などに植えられた、小ぶりなクヌギを探ると見つけやすいかもしれ
ません。
(2016.2.21)                          


参考資料 「虫こぶハンドブック」 文一統合出版

※一覧に戻る