きれいな丸玉状
クヌギハマルタマフシ



                                (2013.7.25:岐宿町・浦の川園地)


★分布:本州〜九州、朝鮮半島  ★できる樹木:クヌギ、アベマキ   
★形成者:クヌギハマルタマバチ
Aphelonyx acutissimae

クヌギあるいはアベマキの葉に見られるボール状の虫こぶ。撮影したもの
は直径4〜5ミリほどありました。
その名はクヌギにできるマルタマのようなフシ(虫こぶ)と解釈でき
ます。



葉の表側、脈の上にできることが多いこの虫こぶ、クヌギハマルタマバチ
という小さなハチの幼虫が寄生することでつくられます。中には1匹の幼
虫が入っています。



色は黄色から淡紅色、褐色とバラエティに富みます。なんとなく眺めてしま
う虫こぶです。
(2016.2.21)                          


参考資料 「虫こぶハンドブック」 文一統合出版

※一覧に戻る