カイメンか綿菓子か
クヌギハナカイメンフシ



                                  (2014.4.8:旧福江市・籠淵)


★分布:本州(関東以北)  ★できる樹木:クヌギ   
★形成者:クヌギハケタマバチ
Neurotrus vonkuenburgi

クヌギの雄花に発生する、綿の塊のような虫こぶ。
その名はクヌギハナにできるカイメンのようなフシ(虫こぶ)と解釈でき
ます。クヌギハケタマバチという小さなタマバチの一種が、雄花に産卵する
ことでこうなります。



下がクヌギの雄花です。これにタマバチが産卵すると…



花序(花の集まり)全体が肥大してこうなります。不思議ですね。



小さな、ハチに似た昆虫がとまっていましたが、これがクヌギハケタマバ
チかどうかは、残念ながら現状ではわかりません。
ちなみに、クヌギハケ
タマバチはその名の通り、葉にも丸っこい虫こぶをつくります。一種類の
タマバチが、クヌギの葉と雄花、それぞれに違った虫こぶをつくるというこ
とです。



見た目の質感は、まさに綿菓子のようでした。



手元の図鑑には、関東以北に分布するとありますが、福江島にもあると
いうことは、実際はもっと広く見られるものなのかもしれません。詳しくは
今後の研究が明らかにしてくれると考えておきましょう。
(2016.2.21)                          


参考資料 「虫こぶハンドブック」 文一統合出版

※一覧に戻る