赤い変形体の正体は?
変形菌の一種 (モジホコリ科?)



                                (2013.8.14:富江町繁敷)


★見られる時期:不明(夏に観察した)      
★発生する場所:倒木の上や生木の樹皮上と思われる

川沿いに生えたスダジイの幹。高さ1.5メートルほどのところに、網目状
に広がる変形菌(粘菌)の変形体を見つけました。初めて見る種類で、赤
い色が非常に印象的です。
手のひらほどの大きさに広がっていて、おそらくこの数時間のうち、アメー
バのように移動したのだろうと思われました。移動しながら、木の幹にいる
細菌を食べていたのではないでしょうか。



まだ表面にみずみずしさが感じられたので、まだまだ移動したり広がった
りすると予想できました。機材さえそろっていれば、一定時間ごとに連続
撮影していく「インターバル撮影」なるものをしてみたかったのですが…こ
の時は不可能でした。



私の経験では、このタイプの変形体は予想以上に早く動きます。1時間、
あるいは数十分ほどでも、形が明らかに変わったのがわかるようなスピ
ードです。



私が見つけたのが午後3時頃。おそらくあと少し幹の上を移動し、翌日ま
でには、胞子をつくって飛ばす「子実体(しじつたい)」に変化するだろうと
思われました。

ということで、翌日に様子を見に行きました。すると…やはり幹の表面で
子実体になっていました。



赤いつぶ状の子実体です。つぶがいくつか連なったような形のものも多い
ですね。「つぶ」はとても小さくて、ひとつの大きさは1ミリもありません。



変形菌(粘菌)は、変形体を見ただけでは種類がはっきりわからないとい
うものが少なくありません。専門家は、子実体の標本を調べて正確な区別
をするのです。
とりあえず私としては、手元の図鑑やネットなどで可能な範囲で調べるしか
ありません。



手元の図鑑では、この子実体はアカフクロホコリ(モジホコリ科)のものに
非常によく似ています。おそらくそれで当たりかな?とも思っているのです
が、子実体の写真は図鑑にあっても、その変形体の画像がないのです。
ネットでも見つけきれませんでした(海外のサイトは当たってませんが…)。
現状では「変形菌の一種」としておきますが、子実体は標本をとってある
ので、チャンスがあれば、いずれ種類を確定させることができるかもしれ
ません。
(2013.8.8)                          


参考文献「森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん 平凡社
     
 「山渓フィールドブックス きのこ」  山と渓谷社

※一覧に戻る