フランクフルトのような
シロウツボホコリ (ウツボホコリ科)
Arcyria cinerea



                                  (2013.7.14:七ツ岳)


★見られる時期:春〜秋(夏に多い)   ★発生する場所:倒木の上、生木の樹皮上

七ツ岳の林の中、枯れ木のかけらの上で見つけました。一見すると太短
いツブツブがたくさんあるように見えます。
大きさが2ミリぐらいしかなかったのと、地上にあったために大きく写すこ
とができなかったのですが、よく見ると、ツブツブに見えたものには軸のよ
うなものがあります。私などは、棒に刺したフランクフルトを思い出します。



この、フランクフルトでいえばソーセージのような部分は写真のような白っ
ぽいものから淡い黄色のものまで、変化が見られるようです。この部分か
ら胞子が飛び出します。



大きくても、軸のような部分を含めて5ミリぐらいにしかならないので、観察
にはルーペがあったほうが良さそうですね。
(2013.8.7)                          


参考文献「森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん 平凡社
     
 「山渓フィールドブックス きのこ」  山と渓谷社

※一覧に戻る