倒木に白く輝く
ツノホコリ (ツノホコリ科)
Ceratiomyxa fruticulosa



                                  (2013.6.27:七ツ岳)


★見られる時期:夏〜秋(おもに夏)    ★発生する場所:倒木の上

梅雨時期の七ツ岳。コケの生えた倒木の表面に、白く小さなものを見つけ
ました。福江では初めて見る、ツノホコリです。
森の中の倒木や切り株の表面で見られることが多く、粘菌の中ではわりと
簡単に見つかる種類といえます。全国的にも決して珍しくはありません。
遠目には白く見えますが、拡大してみると透明感があります。先がシカの
角のように枝分かれしたものが集まった構造です。名前の「ツノ」もこの形
状から来ているのではないでしょうか。



高さは1、2ミリしかないのですが、大きさは数センチ以上に群生すること
も多いですし、白いので意外に目立ちます。しかし他の変形菌のようにア
メーバ状に動いたりといったことはないようですので、動的なおもしろさに
は欠ける種類でしょう。



このツノホコリ、以前は変形菌(粘菌)として扱われていましたが、最近、
厳密な意味での変形菌のグループからは外れることになってしまいました。
「原生粘菌」という仲間に分類されたのですが、広い意味での粘菌には含
むということでよいようです。このサイトでもそれにならい、変形菌の仲間
として扱うことにします。
(2013.8.8)                          


参考文献「森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん 平凡社
     
 「山渓フィールドブックス きのこ」  山と渓谷社

※一覧に戻る