シベリアより五島灘へ
アビ 阿比 (アビ科)
Gavia stellata

準絶滅危惧 (NT)…長崎県レッドリスト2011


                                                                                    
                                      
 (2012.2.7:富江町・繁敷ダム)


★分布:九州以北   ★大きさ:61センチ(カラスより大きい)  
★福江で見られる時期:12~3月頃か

真冬の繁敷ダムを通りかかった時、一羽でで水面に浮いていた大きめの
水鳥。初めて見る鳥でしたが、なんとなく「アビとか、そういう種類かな」と
思ってビデオで撮影しました。強風でカメラも揺れてしまい、ビデオから切
り出した静止画も鮮明ではありませんが、図鑑で確認したところ、やはり
アビでした。

グレーの背中に白い点々模様が見られますが、これがひとつの特徴です。
水中に潜って魚やエビカニの類を捕らえるそうですが、細長くて先がとが
った感じのくちばしは、そうしたことに役立つ形なのでしょうね。



アビはシベリアで繁殖し、日本には冬に越冬のために渡ってきます。
図鑑によれば、日本では基本的に海に飛来しますが、海が荒れると内湾
や河港にも現れるといいます。私がダムで出会ったのも、時化ていたから
なのかもしれません。島内の知人も、福江ダムで見たことがあるそうです。
ただ、あまり福江で見られる機会は多くないかもしれません。

私が出会ったこのアビは、水面をクルクルと回るようにしながら、長いこと
羽づくろいをしていました。


                                       (2012.2.9:富江町・繁敷ダム)

2日後、再び訪れた繁敷ダムには、まだアビの姿がありました。おそらく前
に見た個体と同じと思います。ビデオ撮影しましたが、風は収まっていたも
のの少し遠目の水面にいて、アップは撮れずじまいでした。
それが陸であれ、水辺であれ、鳥に迫るのは易しくはありませんね。
(2013.2.18記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
      「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
      「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る