長崎・五島列島 福江島の博物誌〜福江島の鳥たち
福江を訪れる渡り鳥たち (現在111種)

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


福江島では、これまで200種類を越える渡り鳥が記録されています。
渡り鳥には、夏鳥、冬鳥、旅鳥、漂鳥などという区別があり、それを踏まえて観察するとより
楽しめるでしょう。

「夏鳥(なつどり)」
は、春から夏にかけて日本で繁殖し、冬は暖かい地域へ渡って冬を越す鳥たちのこと。
福江島でいえば、例えばツバメがそれに当たります。
「冬鳥(ふゆどり)」は、日本より北の地域で繁殖し、秋から冬にかけて日本にやってきて越冬する鳥です。
福江島では、各種のカモ類やツグミなどが挙げられます。
「旅鳥(たびどり)」は、日本(福江)では繁殖も越冬もせず、旅の途中で立ち寄るだけの鳥。
例えばシギ・チドリ類や渡りのタカの仲間たちで、基本的に春と秋に見られます。
「漂鳥(ひょうちょう)」は、日本国内で季節的に移動するもののことを指します。


★最近追加したもの(半年以内ぐらい)

センダイムシクイ8.5 コムクドリ7.9  ウズラシギ6.24
コシャクシギ6.24 カラシラサギ6.8 コマドリ6.8  キビタキ5.15 ノビタキ5.15
ウソ4.20 カンムリカイツブリ3.30 ハジロカイツブリ3.30 カシラダカ3.8 ヒレンジャク2.25
マダラチュウヒ2.1



(※以下は紹介中の全ての種類)

ガン・カモの仲間
冬鳥として様々なカモ類が飛来します。しかし、本土の都市公園の池などとは異なり、福江に
やってくるカモ類の多くは非常に警戒心が強く、近づいて撮るのはなかなか難しいものがあります。

ミコアイサ コウライアイサ ウミアイサ
アカツクシガモ オオハクチョウ ヒシクイ ホオジロガモ ヨシガモ
マガモ コガモ オシドリ オナガガモ スズガモ
キンクロハジロ ハシビロガモ ツクシガモ シマアジ カワアイサ

サギの仲間
ダイサギが水辺に、チュウサギやアマサギが農耕地によく来ているほか、時にはアカガシラサギや
カラシラサギも見られます。

ダイサギ チュウサギ アマサギ アカガシラサギ カラシラサギ6.8 

ウの仲間
冬期を中心にウミウとカワウが多く飛来し、少数ながらヒメウも観察されます。

 ウミウ カワウ

タカの仲間
秋になると、日本中から福江島にやってくるのはハチクマ。福江島南西端の大瀬崎では、壮大な
渡りの光景を観察できます。その他、大陸から飛来すると思われるチョウゲンボウやノスリ。また、
アカハラダカやチゴハヤブサ、ツミやオオタカ、ハイタカなどが見られます。サシバは少数が島内で
繁殖しているようです。10月頃には、珍しいアカアシチョウゲンボウを見ることも少なくありません。
ミサゴやハヤブサにも渡りのものがいますし、オオワシやオジロワシの撮影例もあります。

チョウゲンボウ アカアシチョウゲンボウ ノスリ アカハラダカ チゴハヤブサ
ツミ オオタカ チュウヒ マダラチュウヒ

ホオジロの仲間
ホオジロ科の渡り鳥は、ミヤマホオジロやクロジ、アオジなどが見られます。

アオジ クロジ ミヤマホオジロ  カシラダカ

カモメの仲間
冬にはセグロカモメが多数飛来し、少数のオオセグロカモメも混じっています。
干潟には、カニを狙うズグロカモメも時折やってきます。

セグロカモメ  オオセグロカモメ ズグロカモメ クロハラアジサシ

カイツブリの仲間・クイナの仲間
川やため池にはカイツブリが飛来するほか、バンやオオバンもよく見られます。

カイツブリ カンムリカイツブリ ハジロカイツブリ バン オオバン

シギ・チドリの仲間
シギ・チドリの仲間は主に春と秋、旅の途中で島に立ち寄ります。干潟などの海岸、水田や川辺
などで観察することができます。

ウズラシギ コシャクシギ
ツバメチドリ ムナグロ  ダイゼン タカブシギ トウネン
オオソリハシシギ アオアシシギ オグロシギ ハマシギ イソシギ
セイタカシギ チュウシャクシギ クサシギ キアシシギ オバシギ
コチドリ シロチドリ メダイチドリ ホウロクシギ

アトリの仲間
秋から春にかけ、農耕地に大群で見られるアトリをはじめ、マヒワなどが見られます。

アトリ マヒワ シメ ウソ

セキレイの仲間
内地では普通に見かけるハクセキレイも、福江では渡り鳥です。キセキレイはほぼ年中見られ
ますが、7月だけ記録がないようです。セグロセキレイは滅多に観察できません。

ハクセキレイ キセキレイ セグロセキレイ タヒバリ

カラスの仲間
冬越しのミヤマガラスが大群で訪れるほか、その中に混じってコクマルガラスも見られます。

ミヤマガラス コクマルガラス

ツグミの仲間
冬鳥として飛来するツグミやジョウビタキは、市街に近い公園などでも見られます。

 ツグミ  ジョウビタキ シロハラ ルリビタキ ノビタキ
コマドリ


ヒタキの仲間
春と秋の渡りの時期に目にするのはキビタキやオオルリ。エゾビタキやコサメビタキ
も毎年見られます。

キビタキ オオルリ エゾビタキ コサメビタキ

アビの仲間
主に海岸で冬に見られることが多い、比較的大型の水鳥です。

オオハム アビ

ツバメの仲間
ツバメ科では、ツバメとコシアカツバメが夏鳥として飛来・繁殖します。春と秋の
渡りシーズンにはショウドウツバメやイワツバメ、ニシイワツバメなども観察されます。

ツバメ コシアカツバメ

アマツバメの仲間
春と秋の渡りシーズンには、アマツバメやハリオアマツバメ、ヒメアマツバメなど
が見られます。最近は、日本国内では記録が少ないクロビタイハリオアマツバメも
複数回に渡って観察・撮影されています。

アマツバメ ハリオアマツバメ


ムクドリの仲間
本土では普通に見られるムクドリも、福江島では渡り鳥です。この他、コムクドリや
ギンムクドリ、ホシムクドリが観察されます。

ムクドリ コムクドリ7.9 ギンムクドリ


その他の仲間
ムクドリやヒガラも福江島では珍しい存在。サンショウクイは秋に群れが見られ、
ヤツガシラは3月頃に見られることが多いです。

センダイムシクイ8.5 ヒレンジャク アオバト
ヒクイナ ブッポウソウ レンカク ナベヅル コウノトリ
クロツラヘラサギ  ヤブサメ ミヤコドリ
ヒガラ サンショウクイ ヤツガシラ