ひそかに来島 渡りのカラス
ミヤマガラス 深山鴉 (カラス科)
Corvus frugilegus



                                    (2015.1.17:旧福江市・高田)


★分布:国内では冬鳥として、主に西日本に飛来   
★大きさ:47センチほど  ★福江で見られる時期:秋〜3月頃

冬の福江島では、カラスの大群を見かける機会が増えます。生きものに
何の関心もない島民でも、かつての私のように、理由はわからないけれど
、冬はカラスが多いなあ…となんとなく感じていることでしょう。実際、その
感覚は正しく、冬の当地では明らかにカラスの実数が増えているのです。
こちらで冬に増えるカラスの大部分が、このミヤマガラスです。畑でしばし
ば100羽を越える群れでエサを探す姿が見られますし、電線に黒々と連
なっていることも多いです。



このミヤマガラスは、国内では主に西日本に冬越しのためにやってくる渡
り鳥です。
一年中見られる場所はヨーロッパ方面、中央アジアや中国の一部など。
渡りをする個体群は夏に中国北部などで繁殖し、冬は中国南部、中東の
一部や西日本ほかにやってきます。つまり福江島で見られるものは大陸
からやってくるわけですね。

それで、年中福江にいるカラス(ハシブトガラス、ハシボソガラス)とどこが
違うのか?と思われる方も多いでしょう。一見すると、違いがわからないの
ですが、見分けやすいのはクチバシです。ハシブトガラスやハシボソガラ
スのクチバシは黒っぽい色で、下向きに少し曲がっています。一方のミヤ
マガラスのクチバシは色がベージュのような感じで、形は筆先のようにシ
ュッとまっすぐとがっています。かくいう私も、最近ようやく見分けがつくよ
うになりました。



なお、ミヤマガラスでも若い個体はクチバシが黒っぽかったりしてハシボソ
ガラスと見間違えやすいと思います。



また、鳴き声にも特徴があります。ハシブトガラスは「カー」と澄んだ声、ハ
シボソガラスは「ガァー」と濁った声ですが、ミヤマガラスはハシボソ以上
にしわがれた「ガァー」という声です。



ずっと同じ場所にいることが少なく、短時間で移動をしながらエサをとると
いう性質もあります。畑にいる群れを撮影しようとすると、すぐにちょっと
離れたところに行ってしまうことが確かに多かったです。

少し前まで私もそうでしたが、ほとんどの島民は、島外から渡ってくるカラ
スがいることなど予想もしていません。だからこそ、あれは渡り鳥のカラス
なのですと話すと、へえと驚いて関心を見せる島民がよくいます。バードウ
ォッチャーには当たり前のことでも、これが一般の人には新鮮な驚きだっ
たりするのですよね。こうしたことをきっかけに、生きものに興味を持つ島
民が増えていってくれることを期待したいですね。
(2015.3.10)                          


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る