電線にてんこ盛り
アトリ 花鶏 (アトリ科)
Fringilla montifringilla



                                    (2012.12.1:岐宿町二本楠)


★分布:全国   ★大きさ:16センチ(スズメぐらい)  ★福江で見られる時期:9月~5月

2012年11月のある日。日暮れ時でしたが、私は島内の中央近くの農家
の方と話をしていました。すると、数百もの小鳥の大群が現れ、敷地内
にある大きな木の枝にとまりました。


                                        (2012.11.25:五島市雨通宿)

双眼鏡でのぞいてみました。あたりはもう薄暗く、色はよくわからなかった
のですが、スズメではないことだけはわかりました。
ほとんどモノトーンの写真(下)を写真を撮って帰り、図鑑で調べてみたと
ころ正体はアトリ。名前は知っていましたが、実際に見たのは初めてのこ
とです。

その後、島内中央や富江町の農耕地で数百羽の群れと出会いました。


                             (2012.12.1:岐宿町二本楠)

赤茶色と黒の模様が特徴的で、大きさはスズメぐらい。福江では秋から春
にかけて見られる渡り鳥です。
数百羽もの大群をなして行動するのですが、なかなか驚くべき鳥です。


                                         (2012.12.1:岐宿町二本楠)

というのは、大群で電線にとまるのですが、それがあまりにもてんこ盛り
なのです。
こんな具合です。







スペースがないわけでもないのだから、なにもここまで密集しなくてもいい
だろうに…と思ってしまうのですが、何度観察していてもこうでした。
下の写真を拡大して数を数えると、少なくとも360羽を数えることができま
した。


                                          (2012.12.2:富江町・田尾)

観察していると、電線にとまっている彼らは少しずつ飛び立っていきます。
一斉に飛んでいくこともありますが、ぽろぽろと五月雨式に出て行くことが
少なくありません。
その後にどうやって合流するかはわかりませんが、しばしば数百の群れ
で畑の上を飛び回り、これがまた見物なのです。天気や腕の問題で、い
まいちな写真なのですが、下の写真のような感じでドーッと飛び回ります。
まるで全体で一つの生きものであるかのように。


                                         (2012.12.3:岐宿町・二本楠)



何を目標に飛ぶのか、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、ぐるぐると飛
んだかと思うと突然、一斉に畑や草地に降ります。そこで草の種などを探
して食べるのです。
それがまた、突然一斉に飛び立ってはぐるぐる、そしてまた一斉に着陸。
かと思えばドーッと電線にぎっしり群がったり。
このような行動を繰り返します。観察するのが楽しい鳥です。



年によって見られる数に変動があるようで、例えば福江では2011年には
あまり数が見られなかったそうです。今年2012年はそこそこの数が来てい
るようで、それゆえに私も気づくことができたのでしょう。
5月になると、繁殖のために遠路シベリアに旅立っていきます。
(2013.1.3記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る