小さな川にもやってくる
コガモ 小鴨 (カモ科)
Anas crecca



                               (07.1.23:旧福江市・外濠公園)


★分布:日本全国  ★大きさ:40センチほど  ★福江で見られる時期:冬〜春

日本で見られるカモの中では一番小さい種類です。実際に見てみると確
かに小ぶりで、せいぜいハトぐらいの大きさしかありません。
冬の間、日本にやってくる渡り鳥で、オスとメスはかなり羽の色が違って
います。
まず、下の写真はオスで、頭は茶色で目のまわりは深い緑色をしていま
す。


                       
一方、下の写真はメスです。全身が茶褐色で地味な姿をしています。


                                 
私は07年、20数年ぶりに福江の冬を経験したのですが、その時にはいろ
いろな場所でこのカモを見つけて驚きました。外濠公園、福江ダム、内闇
ダム、福江川。そして、福江市街近くの小さな川でも結構な数を見ました。



福江島で冬を過ごすカモは何種類かいますが、その中でもこのコガモは
非常に出会いの機会が多い種類であるといえるでしょう。気楽に見てみた
い方には、福江港から徒歩5分ほどの外濠(そとぼり)公園をお勧めして
おきます。
(2007.10.8記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る