赤道を越える旅
メダイチドリ 目大千鳥 (チドリ科)
Charadrius mongolus

準絶滅危惧 (NT)…長崎県レッドリスト2011



                                (2011.4.24:三井楽町・白良ヶ浜)


★分布:全国 (旅鳥として飛来)  ★大きさ:19センチほど (ムクドリぐらい)

夏は北半球のカムチャツカ半島で繁殖しますが、冬になると赤道を越え、
越冬地であるオーストラリアやニューギニアに渡っていきます。
福江で見られるのは春や秋、旅の途中で休み、エネルギーを補給するた
めに島に立ち寄った時です。
ムクドリぐらいの小さな鳥で、海岸の浜辺や水田、河口などの水辺で見ら
れます。夏と冬では羽が抜け替わって色彩が変わりますが、春に出会う
時は「夏羽」で、頭から胸にかけての赤茶色と目のまわりの黒、額の白が
特徴的です。



この時は三井楽町の白良ヶ浜で2羽を見つけました。他の種類のシギや
チドリたちと一緒にたたずんでいました。



ゴカイなどを好んで食べます。他にもカニや昆虫なども好むようです。



数日後にまた来てみると、すでにその姿はありませんでした。
はるか北の繁殖地を目指して旅立っていったのでしょう。
(2011.6.9記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

      「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る