短足です。
キアシシギ 黄足鷸 (シギ科)
Tringa brevipes



                                   (2011.4.26:外濠公園)


★分布:旅鳥として各地に飛来   ★大きさ:25センチほど   
★福江で見られる時期:春、秋

春あるいは秋の水辺で目にする渡り鳥です。夏にシベリア北東部で繁殖
し、冬はオーストラリアで越冬するとのことで、日本にはその旅の途中で
立ち寄ります。干潟や河口、海岸などでカニなどを探して食べます。
名前の通り黄色みの強い足が目立ちますが、その足が短いのも特徴で
しょう。短くとも力強く、すばやい足取りを見せてくれます。



図鑑によれば、群れで見られることが多いとあります。時には100羽以
上にもなるというのですが、私自身としては、福江では単独かせいぜい2
羽ぐらいでしか見たことがありません。まあ、福江には広大な水辺は多く
ありませんから、巨大な群れは見られないのでしょうか。
とはいえ、市街地そばの公園の干潟でも間近に見ることができます。
(2011.12.17記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研


※一覧に戻る