まれに見られる珍しいタカ
マダラチュウヒ 斑沢鵟 (タカ科)
Circus melanoleucos 



                                (2016.9.6:岐宿町・二本楠)


★分布:日本列島ではまれな旅鳥
★全長:オス43センチ、メス48センチ(カラスよりやや小さい)
★福江で見られる時期:春と秋の渡りの時期

ユーラシア大陸北東部(中国北東部やウスリー地方)で繁殖し、冬は中国
南部や東南アジア方面に渡って越冬するタカの一種。日本列島では繁殖
も越冬もせず、渡りの途中にまれに立ち寄ります。国内ではそう簡単には
出会えない、珍しい旅鳥です。水田地帯や湿原を好み、低空を飛翔して
ネズミなどの小動物を探して捕らえます。
長崎県内では過去に対馬、諫早などで記録されていますが、福江島でも
時々飛来が確認されてきました。

写真の個体Aは幼鳥で、2016年9月5日に島内中央の農耕地にて知人が
発見したものです。同じ知人は2016年5月28日にも幼鳥を撮影しており、
それが福江島での春の初記録になると思われます。



個体Aが発見された9月5日の当日夕方、私も初めて観察することができ
たのですが、カメラのオートフォーカスの調子がおかしくなってしまい、ほ
とんど撮影できませんでした。翌日に探してみると、水田地帯を低空飛行
している姿が見えたので、バイクで接近。すると、ふいに水田のへりにあ
る木の上にとまったのです。慎重にバイクを降り、駐車してその陰に身を
潜めて撮影しました。相手は15分ほどとまっていてくれましたが、バイクと
木の間には水田があるのみで、隠れられるような場所はありません。おそ
らく40mぐらいは離れていたのかと思いますが、鮮明な画像を得られる
距離まで近づくことはできませんでした。小さく写ったものを大胆に拡大し
ているので、残念ながら荒れ気味の画像になっています。

後頭部と尾羽の付け根が白く、飛ぶとこれがよく目立っていました。
幼鳥やメス成鳥は褐色ベースの色合いですが、オスの成鳥は黒と白の
コントラストが際立つ、なんとも印象的な姿をしています。私はまだお目に
かかっていませんが、過去、島内の知人によって撮影されています。



2016年の秋は、個体Aのほかに個体B(写真下)も見られました。島の南
部、富江町の農耕地に現れたものです。しばらく低空飛行をして獲物を探
していましたが、やがて上昇し、見えなくなりました。個体Bが観察された
のはこの日だけです。


                                      (2016.9.8:富江町・横ヶ倉)

個体Aについては、私自身は9/5、9/6の両日および9/10にも観察
できましたが、それ以降は出会えませんでした。


                                         (2016.9.10:岐宿町・中嶽)

発見された当初は、ほぼ同じ場所で見つけることができていましたが、だ
んだん行動範囲が広くなっていきました。その結果、なかなか姿を見るの
が難しくなっていったのです。
私は9/10に見たのが最後でしたが、発見者および島外からの野鳥カメ
ラマンたち数名(※ハチクマ+アカハラダカの撮影のために早めに福江入
りしていたリピーターの方々で、猛者揃いです)はその後にも観察・撮影で
きていました。9月の半ば頃まで、1週間ほどは島に滞在していたと思われ
ます。


                                         (2016.9..6:岐宿町・二本楠)

その後、9月24日にはハチクマの渡り観察地である大瀬山からも1羽が観
察されました。個体AあるいはBなのか、それとも別個体なのかはわかりま
せん。

福江島でも少しずつ観察者が増えてきたので、今後は発見例が増えていく
かもしれません。こうした珍しい鳥にも出会うチャンスが少なくない五島は、
ある意味でぜいたくな場所とも言えるでしょう…。
(2017.2.1)


※参考資料 「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
       「長﨑県の野鳥(2015)」 長﨑県野鳥の会

※一覧に戻る