世界中で繁栄する
カワウ 川鵜 (ウ科)
Phalacrocorax carbo



                                 (2015.11.15:富江町・土取)


★分布:日本では本州以南   ★全長:81センチ(カラスより大きい)
★福江で見られる時期:冬期(秋〜春)

日本では本州以南で普通に見られるウで、内湾や湖沼、河川から海岸
まで、様々な水辺で観察されます。日本だけでなく、世界各地に広く分布
しています。よく似たウミウが日本周辺(アジア極東海域)でのみ見られる
のとは大違いです。長ア本土では繁殖もしているようですが、福江島では
冬鳥と考えられています。今のところ島内での繁殖は確認されておらず、
夏の時期は島を離れているようです。

ウミウに比べて体はわずかに小さい程度。頭部の黄色い部分の形の違い
が、ウミウとのひとつの区別ポイントです。ウミウでは黄色い部分が「くの
字」に強く食い込むような形ですが、カワウではそれがなだらかです。



また、全体的な外観では、ウミウは黒地に少し緑がかって見えるのに対し、
カワウは少し茶色がかって見えることが多いです。


                                (2015.12.13:福江川)

羽を広げている姿をよく目にしますが、これは羽を乾かしているのだとい
います。ウは他の水鳥と比べると羽に油分が少ないそうで、水に濡れる
と羽が湿りがちだというのです。そのため、こうして時々乾かさなければ
ならないわけです。


                                  (2015.12.22:岐宿町・川原奈切) 

しかし、羽の油分が少ないことには利点も考えられます。例えば、羽毛が
パサつきやすいので空気が含まれにくくなり、水に潜るには有利であると
も思われます。ウは、潜水して魚をとらえる鳥ですから、あえて羽の油分
を重視しない道を選んだのかもしれません。


                                 (2014.12.25:旧福江市・外濠公園)

先ほども書きましたが、カワウは内陸を含む様々な水辺環境に現れます。
福江島でも、ウミウは基本的に海岸付近にいますが、カワウは島内中央
部のため池や河川、市街地周辺にもよく姿を現します。幅広い環境に適
応できることが、世界中での繁栄につながっているのでしょう。



東京・上野の不忍池(しのばずのいけ)の繁殖コロニーは有名です。NHK
の番組でも何度か取り上げられ、都会でも平気で生きられる鳥というイメ
ージが広まったと思います。私も東京在住時に見たことがありますが、上
野どころか、旧渋谷公会堂に一羽がとまっていた時は驚きました。
最近は一部地域でカワウが増え気味で、迷惑生物としてテレビのワイドシ
ョーで取り上げられることもあります。



単独で見ることもありますが、集団で行動することが普通のようです。集
団でねぐらをとり、編隊を組んでエサをとる水辺に向かいます。V字編隊
で飛行するといいますが、撮影時はもう水辺に到着間近で、V字体勢は
崩れてしまっていました。


                                        (2015.11.4:富江町・土取)

そういえば、ウミウでは羽が体の真ん中より後方についているのに対し、
カワウでは羽が体の中央付近にあると言います。下の写真は、秋のハチ
クマの渡りシーズンに上空を飛んでいたものですが、体型からはカワウと
思われます。撮影時はどっちかわかりませんでしたが。


                           (2014.9.26:玉之浦町・大瀬山)

あらゆる水辺に広く適応し、世界中で栄えているというカワウ。2016年1月
現在、さすがに国のレッドリストにも載っていませんし、各都道府県でも同
様です。


                             (2015.11.15:富江町・土取)

最近、島内での集団ねぐらと思われる場所があると聞きました。折をみて
見に行ってみたいと思います。


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る