名前の通り 腹は黒い?
クロハラアジサシ 黒腹鰺刺 (カモメ科)
Chlidonias hybridus



                                (2015.9.27:三井楽町・浜ノ畔)


★分布:日本では旅鳥   ★大きさ:26センチ(ヒヨドリぐらい)
★福江で見られる時期:初夏(6月に多い)と秋

ユーラシア大陸南東部(中国の一部や朝鮮半島など)やヨーロッパ南部
で繁殖し、フィリピンやインドネシア、オーストラリア北部やアフリカ中部な
どで越冬する小型のアジサシ(※一年中見られる地域もあります)。
日本で見られるものは、ユーラシア大陸で繁殖し、東南アジアの島々や
オーストラリアで冬を越す個体群の一部なのでしょう。その渡りの途中で
日本列島に立ち寄りはするものの、日本では繁殖も越冬もしない「旅鳥」
というわけです。

西日本に多く飛来し、海岸や干潟、池や川、水田などの水辺にやってき
ます。福江島では初夏および秋に見られることが多いようで、これまでは
特に6月の観察例が多いと聞いています。

写真の個体は9月末、三井楽町のため池に現れたものです。



池の上を低い高度でヒラヒラと飛び回っていました。決まったコースを幾
度も繰り返し飛び、獲物を見つけると急降下してとらえます。



狙うのは昆虫や小魚など。水面近くの獲物をクチバシですくい上げたり、
時には浅く水中に飛び込むこともあります。



下の写真は、ギンヤンマをとらえたところです。しかし、こちらに腹側が見
えているのですが、名前はクロハラなのに意外とシロハラ…?であるのは、
これが冬羽であるからです。



夏羽をまとった姿は下のようになります。どんよりと曇った梅雨空の中、水
田にいた一羽。

頭の上半分は黒くなり、眼がどこにあるかわかりにくくなっています。


                                      (2012.6.28:玉之浦町・幾久山)

そして、羽を上げた状態を見てみると、おなかが黒っぽいですね。まさに
クロハラです。この時は、水田でオタマジャクシをとらえていました。



私のこれまでの観察では、やや警戒心がうすい鳥ではないかと思えます。
これまで出会ったどの個体も(数回ですが)、私をあまり気にしているよう
に見えず、時にはたも網で捕れそうなほど近い距離を飛びました。

2015年は秋に2回観察できましたが、そのうち1回は思わぬ状況でした(下)。
下の写真のものは幼鳥のようなのですが、海岸道路のど真ん中に落ちて
いたのです。数十センチ離れたところにはトンボも一匹落ちていました。
推測ですが、おそらくトンボをとらえた際に、運悪く車に衝突してしまった
のではないでしょうか。
生きていましたが、飛んだり歩いたりはできない状態。とりあえず両手で
抱え、車道から脇の空き地に移動させました。残念ながら、これ以上のこ
とは私にはできません。そのまま、現場を離れました。


                             (2015.9.26:玉之浦町・小川)

当日、鳥に詳しい知人に聞いてみたところ、一時的に脳しんとうを起こして
いるだけで、回復する可能性もあるとのこと(骨折さえなければ)。その後、
知人はこの幼鳥を現場で確認、その時は私が見つけた時よりもかなり元
気になっていたようです。



そして、しばらくののちに再度見に行くと、姿が消えていたといいます。近
くに血の痕などもなかったということで、ネコやカラスにやられることなく、
復活して飛んでいったのかも…という話でした。そうであれば幸いなこと
です。思いもよらない一件でした。               


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る