胸に斑紋あり
エゾビタキ 蝦夷鶲 (ヒタキ科)
Muscicapa griseisticta



                                   (2016.10.10:富江町・繁敷)


★分布:日本では旅鳥
★全長:15センチ(スズメより少し大きいぐらい)
★福江で見られる時期:春(4〜5月頃)と秋(9〜10月頃)

スズメよりわずかに大きいぐらいの小鳥。夏にシベリア南部やサハリン、
カムチャツカ半島南部などで繁殖し、冬はフィリピンやニューギニアなど
東南アジア方面に渡って越冬します。日本列島は繁殖値でも越冬地でも
なく、春と秋の渡りの途中で立ち寄るだけの旅鳥です。



4〜5月および9〜10月頃に日本各地で見られ、福江島でも毎年目にし
ます。道路際の木立など、開けた場所に面した木々にとまっていることが
多いと思います。神社を囲む林もよく出会える場所です。



枝でじっとしているかと思うと、パッと飛び立ってまた枝に戻る、という動き
をよく見せます。これは、飛んでいる虫を空中でとらえているのです。地表
に降りて虫を食べることもあるほか、秋には木の実もよく食べるそうです。


                                        (2016.9.6:富江町・繁敷)

よく似た仲間にサメビタキ、コサメビタキがありますが、エゾビタキは胸に
グレーの斑紋が縦に並ぶのが特徴です。
警戒心は薄いことが多く、脅かさなければ10m以内での観察も可能です。
(2016.10.14)


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
         「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る