福江では珍鳥です
ムクドリ 椋鳥 (ムクドリ科)
Sturnus cineraceus



                           (2012.4.16:三井楽町・白良ヶ浜そば)


★分布:北海道〜九州    ★大きさ:24センチほど    
★福江で見られる時期:春・秋

福江北部の三井楽町に白良ヶ浜(しららがはま)という遠浅の砂浜がありま
す。生まれて間もない頃の私はこの浜の前に住んでいたらしいのですが、
さすがに記憶がありません。それはどうでもよいとしまして、春の浜を見て
いたところ、海に面した芝生の草地に2羽の黒っぽい鳥がいることに気づ
きました。双眼鏡で見てみると、黒褐色の地味な体に、オレンジ色のクチ
バシが見えます。どうもムクドリのようでした。ちょっと驚きました。


                        (2012.4.18:旧福江市・大津みなと公園)

ムクドリは、姿は知らずとも名前は聞いたことのある人が多いでしょう。日
本の大半の地域で普通に見られる鳥で、九州本土でも人里近く、公園な
どで多く見かけます。数羽で草地に群れていることも多く、公園などにいる
ものは人慣れしていて、かなり近寄っても逃げない…なんてことも普通です
。日本全体としてはポピュラーで身近な鳥なのですが、これが福江では見
かけることがありません。そう、ムクドリは福江では極めて珍しい存在
なのです。
島内の自然に詳しい知人によると、ムクドリは春と秋の渡り鳥のシーズン
にしか見られないといいます。年を通じてある地域に生息している鳥を「留
鳥」(りゅうちょう)
と呼びますが、ムクドリは福江では留鳥ではなく渡り鳥
(あるいは漂鳥)であるということになります。



ビデオで撮影しながらしばらく観察したところ、2羽は草地で虫を探してい
るようで、時々通行人に驚いて飛び去っては、しばらくするとまた戻る…と
いうことを繰り返していました。
白良ヶ浜でムクドリを見た数日後、福江港そばの公園でも一羽のムクドリ
を見つけました。子どもたちが遊び、人が散歩をしているそばで草地の虫
を探していました。
どこから来て、どこへ渡っていくのでしょう。謎に包まれた福江のムクドリ
です。
(2012.5.11記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る