姿も声も忘れ難い
タゲリ 田鳧 (チドリ科)
Vanellus vanellus



                              (2017.10.314:五島市・野々切町)


★分布:日本列島では本州以南で冬鳥   ★大きさ:32センチ(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:冬期(秋〜春)


ハトぐらいの大きさの、チドリの仲間。頭の上に伸びた冠羽がとても印象
的で、1度見たらなかなか忘れられない姿です。羽の上面はメタリックな
深い緑と赤紫を帯び、これも非常に美しいと思います。
ユーラシア大陸の中緯度エリアで繁殖し、アフリカ大陸北部や中国南部、
日本列島(本州以南)などで冬を越します。福江島にも毎年飛来する冬鳥
です。



水田や畑などの農耕地のほか、河川や湿地、干潟などで見られます。
飛来してしばらくは集団でいることが多いものの、しばらく経つにつれて
ばらけて生活するようになるそうです。
上の写真では、9羽いた群れのうち7羽が画面に入っています。

チョコチョコと歩いてはとまり、またチョコチョコと歩いてはとまり…という
動きを繰り返します。好物はミミズなどの小動物で、脚で地面を叩いたり
して地中の獲物を驚かせ、出てきたところを仕留めます。エサをとってい
るタゲリを観察すると、クチバシに泥がついていることがよくあります。



外敵などの接近で驚くと、「ミュ〜」とか「ミャ〜」とネコのような声を出して
飛び立ちます。


                                       (2015.11.5:五島市・高田町)

飛んでいる時の姿や色合いも、特徴的です。



比較的近づかせてくれる個体もいるようですが、私はなかなかフレンドリ
ーな個体には出会えずにいます。なかなか良い撮影ができない、個人的
には苦手な相手ですが、いつか絶好のチャンスをつかみたいものです。
なにせ、こんなに魅力的な姿なのですから。
(2017.12.7)                         


※参考資料 「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長崎県の野鳥(DVD)」 長崎県野鳥の会

※一覧に戻る