尾羽は黒い
オグロシギ 尾黒鷸 (シギ科)
Limosa limosa
絶滅危惧U類 (VU)…長崎県レッドリスト2011



                                      (2011.5.8:福江川上流)


★分布:旅鳥  ★大きさ:38センチほど(ハトぐらい)

福江川の上流を通りかかった時、橋のそばにたくさんのセイタカシギの姿
が見えました。
車を停めて撮影をはじめましたが、何か変だと気づいたのは何十分も経
ってからでした。セイタカシギの群れに一羽、違う鳥が混じっていたのです。
下の写真、7羽いますが、その一番左にいる褐色の鳥です。最初はカルガ
モかと思ったのですが、よく見るとクチバシが細長く、知らないシギの仲間
だと思われました。



鐙瀬ビジターセンターで画像を見てもらったところ、オグロシギとのこと。
下の写真でわかるように、尾羽が黒いのです。これが名前の由来です。
大きさはハトぐらいで、シギの仲間としては大きいほうだと思います。



日本では春や秋に見られる旅鳥です。このオグロシギは渡りの途中で福
江に立ち寄ったというわけですね。この春は、島内の別の場所でも2羽が
見られたそうです。見られる場所は、水田や湿地、干潟や河口など。
以前に紹介したオオソリハシシギとよく似ていますが、あちらのクチバシ
は上に反りかえっているのに対し、こちらはまっすぐです。



この長いクチバシで、貝類やミミズ、昆虫、カニなどを捕らえて食べます。
川岸から撮影しましたが、ずっと羽づくろいをしていて、こちらを警戒する
そぶりは見せませんでした。警戒心が少ない個体でよかったです。
(2011.6.9記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
         「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社


※一覧に戻る