そり返るクチバシで
オオソリハシシギ 大反嘴鴫 (シギ科)
Limosa lapponica

絶滅危惧U類 (VU) …環境省レッドリスト2012
絶滅危惧TA類 (CR)
…長崎県レッドリスト2011



                                (10.3.25:旧福江市・大浜海岸)


★分布:全国(渡り鳥)  ★大きさ:40センチほど(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:少なくとも春

春のその日はあいにくの雨…。じゃあ香珠子(こうじゅし)ビーチ近くにで
きたという「チャーチミュージアム」にでも行ってみるか、と向かっていたと
ころ、目的地の手前にある大浜海岸で、満ち潮の砂浜に鳥らしき姿が3つ
。双眼鏡で見ると、クチバシが細長いシギの仲間であることがわかりまし
た。しかし雨なので、とりあえず目的地で時間をつぶし、雨が上がってか
ら海岸に戻ってみると…まだいました。3羽のシギの仲間が波打ち際でエ
サを探していました。



背中は焦げ茶色の模様、胸は赤茶色が目立ちます。
時折、トビが現れるとサッと飛び立ち、しばらくするとまた波打ち際に
降りるということを2、3回繰り返しました。



帰ってから種類を調べると、オオソリハシシギでした。「ソリハシ」というの
はクチバシが上に少し反り返っているからです。撮っている時は全くわか
りませんでしたが、写真を見ると確かに上向きの弧を描いています。ゴカ
イなどが好物で、細長いクチバシを使って器用に捕らえます。福江には、
春や秋に渡りの途中で立ち寄るのでしょう。
水田にも現れることがあるようです。
(2010.4.11記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

      「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る