独りがお好きなの
クサシギ 草鷸 (シギ科)
Tringa ochropus



                               (2011.4.24:旧福江市・外濠公園)


★大きさ:22センチ(ムクドリぐらい)   ★福江で見られる時期:旅鳥または冬鳥

水辺で見られる鳥の仲間にシギ・チドリと呼ばれるグループがありますが
、このクサシギは私が福江で始めて認識したシギの仲間です。福江港に
近い外濠公園の壕(ほり)に行くと高確率で見ることができます。
石の上でじっとしていることもありますが、尻を上下に振りながら水際を歩
き、食べ物を探している姿をよく目にします。
褐色の羽の上には白い点々をふったような模様があり、私はそれを目印
に見分けます。



シベリアで繁殖・東南アジアなどで越冬する鳥で、日本には旅の途中で立
ち寄る「旅鳥」ですが、関東以南では越冬するものが知られています。福
江ではいろいろな時期に見られるような気がするので、越冬している可能
性は十分あります。


                            (2011.10.12:岐宿町・柿の木場)

いつ見ても一羽であることが多いのも特徴でしょう。繁殖期はさすがにペ
アでいるのでしょうけど。
秋、川べりで見つけた一羽は足をたたんでくつろいでいました。人間でい
えばあぐらをかいているような?状態なのでしょうか。可愛らしかったので
撮影しましたが、鳥に詳しい現地の知人によれば、珍しい姿とのこと。
(2010.11.20記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研


※一覧に戻る