大柄なガンの仲間
ヒシクイ 菱喰 (カモ科)
Anser fabalis

天然記念物(国指定)

亜種ヒシクイ>
絶滅危惧U類 (VU)…環境省レッドリスト2012  絶滅危惧TA類(CR)…長崎県レッドリスト2011
<亜種オオヒシクイ> 
準絶滅危惧(NT)…環境省レッドリスト2012  絶滅危惧TA類(CR)…長崎県レッドリスト2011



                                    (2015.12.13:福江川)


★分布:日本では冬鳥(北海道では旅鳥)  ★大きさ(全長):85センチ(カラスより大きい)
★福江で見られる時期:冬期

大型の水鳥であるガンの仲間。マガンより大きくなり、全長85センチにも
なります。夏にシベリアやカムチャツカで繁殖し、秋になると越冬のために
日本や中国などに渡ります。現在の日本列島では主に関東・北陸および
東北地方の限られた水辺に飛来し、国の天然記念物にも指定されていま
す。

日本に渡ってくるものには2亜種が含まれていて、一つはヒシクイ(亜種ヒ
シクイ)、もう一つがオオヒシクイ(亜種オオヒシクイ)です。亜種ヒシクイは
亜種オオヒシクイに比べて体がやや小さく、頭からクチバシにかけてのラ
インの角度がより急(亜種オオヒシクイは角度がなだらか)で、クチバシが
太短く見えます。また、日本に渡ってくるヒシクイのうちおよそ8割が亜種
オオヒシクイといわれ(約66%というデータもあります)、おもに日本海側
に飛来します。一方の亜種ヒシクイはおもに太平洋側に飛来するそうです。
ということで、ややこしい話ではあるのですが、とりあえず上の写真の個体
は亜種ヒシクイです。福江川に、単独で見られました。

下の個体は福江ダムで撮影したもので、上の個体と同一である可能性が
あります。写っている3羽の鳥のうち、一番上がヒシクイで下の2羽はカル
ガモですが、大きさの違いをご覧下さい。カルガモだって決して小さいわけ
ではありませんから、ヒシクイがいかに大きな鳥かわかると思います。


                                        (2015.11.16:福江ダム)

亜種ヒシクイにせよ亜種オオヒシクイにせよ、東日本に多く飛来する鳥で
あり、長ア県では珍しいといえます。福江島では数は少ないものの、ほぼ
毎年のように記録されています。一羽あるいは少数で見られることが多い
ようですが、17羽も観察されたことがあるそうです。ちなみに、新潟市の
福島潟というところには毎年5000羽ものオオヒシクイがやってくるそうで
す。すごいですね。


                                (2015.12.13:福江川)

水田地帯やため池、川などの水辺で見られるヒシクイですが、漢字では
「菱喰」、ため池などに生える植物、ヒシ(菱)の実を好んで食べることか
らその名がつきました。

下の写真、クチバシに歯のようなギザギザがあるのがわかると思います。
ヒシの実だけでなく、水草やその根などを食べますが、この歯のような突
起は植物を食べるために大いに役立っているようです。



福江川では、岸辺の草を食べる様子が観察できました。



福江ダムでは、水中のオオカナダモを引きちぎって食べていました。水中
の食べ物は、頭を突っ込んで逆立ちするようにして取ります。


                                          (2015.11.16:福江ダム)

下の写真は、島内の農耕地に飛来した4羽のオオヒシクイ。警戒心が強
く、近づくことはできませんでした。
福江島では、数は少ないながらも亜種ヒシクイと亜種オオヒシクイの両方
が記録されています。


                            (2015.11.30:旧福江市・高田)

手元の図鑑の一冊によると、ヒシクイは一般に非常に警戒心が強いと書
かれています。実際、上の4羽はそうでしたが、そうでない場合もあるよう
です。今回、福江川で撮影した一羽はあまり人を恐れませんでした。おか
げで鮮明な画像が多く撮れましたし、一度も驚かせずに(飛ばれずに)観
察できました。


                                           (2015.12.13:福江川)

こちらも超望遠レンズ(低価格なものですが…)ではあるのですが、いきな
り伸び上がったりした時には画面からはみ出てしまいました。まあ、相手
が大きいということもありますが、距離が近いゆえの失敗です。



福江島では数の少ない冬鳥、ヒシクイ。日本全体では10000羽を越える
飛来数を記録してきた鳥ですが、2015年現在、国の絶滅危惧種です。亜
種ヒシクイは絶滅危惧U類 (VU)、亜種オオヒシクイは準絶滅危惧(NT)
となっています。また、都道府県別でもかなりのところでレッドリストに載っ
ており、長ア県では亜種ヒシクイ、亜種オオヒシクイとも絶滅危惧TA類(
CR)
という最高のランクに位置づけられています。もともと飛来数が少ない
地域であるということも大きいのかなとは思いますが…。



知らなければ、「なんだか大きいカモ」と見えるかもしれませんが、長ア県
エリアでは極めて珍しい存在となりつつあります。五島が、まだそれが見ら
れる地域であり続けてほしいところです。                     


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会
「日本のレッドデータ検索システム」(HP)

※一覧に戻る