泡を食ったような声
シロハラ 白腹大鷺 (ツグミ科)
Turdus pallidus



                                       (2015.1.13:三井楽町)


★分布:本州以南   ★大きさ:25センチほど(ヒヨドリぐらい)
★福江で見られる時期:秋〜春

秋になると、冬越しのために日本に渡ってくるツグミの仲間です。大きさは
ヒヨドリぐらいで、ややずんぐりした体型に見えます。頭から背中にかけて
はグレーと茶色で、腹は白っぽいです(これが名の由来でしょう)。くちばし
は上側および先端近くが黒で、それ以外は橙色。そして、目のまわりは黄
色く縁取られています。

福江島にもたくさん渡ってきているようで、よく見られる鳥なのですが、島
民にはほとんど知られていないのではないかと思います。その理由は、
この鳥が基本的に林の中にいて、開けたところにはあまり出てこないから
ではないでしょうか。さらに姿も地味ですし、越冬地では単独で過ごして
いることも、気づきにくい要因といえるでしょう。

東京でも、明治神宮など木々の多い場所ではごく普通に見られますし、
そうした場所では5メートル以内にまで近寄ることもできます。落ち葉の
多いところに降りてきて、「ザッ・ザッ」という音を立てながら、リズミカルな
動きで落ち葉をかきわけ、昆虫や木の実を探して食べます。東京にいた
頃は、その様子をごく間近な距離で観察していたものでした。撮影する
のも実に簡単です。
しかし、残念ながら福江島にやってくるものは警戒心が強く、なかなか近
づくことができません。山道や林のそば、神社など島内あちこちで出会う
のですが、撮影は予想以上に難しいです。

そんな時に活躍してくれるのが、自動撮影装置(「麻里布商事」の商品)
です。林の中にセットして、前にはサルトリイバラなどの赤い実をいくつか
置いておきました。すると、予想通り…。


                               (2014.12.28:玉之浦町)

背景が暗いですが、夜ではありません。ストロボが発光しているので、目
のまわりの黄色が鮮やかに写りました。
同じ個体かどうかわかりませんが、シロハラは2週間に渡り、何度も現れ
て木の実を持って行きました。
下の写真では、くちばしの根本付近に長い毛がたくさん見えます。あたり
を探るときにでも役立つものなのでしょうか。


                                (2015.1.7:玉之浦町)

「ザッ・ザッ」と、落ち葉をかきわける音でも存在がわかるシロハラですが、
声も面白いと思います。山道などを歩いていると、人間の接近に驚いたシ
ロハラが飛んで逃げるのですが、その時、私には「プカプカプカ!」と聞こ
える、いかにもあわてふためいたような声を上げながら飛び去るのです。
この泡を食ったような声を聞くたび、なんだか笑ってしまいます。向こうに
してみれば必死なのだと思いますが、ちょっととぼけた感じで、不思議な
親しみがわいてくるのです。


                                         (2014.12.25:富江町・松尾)

探してみれば、福江島にもたくさん来ているこの鳥。
春になると、中国東北部やロシア沿海地方などの繁殖地に向けて旅立っ
ていきます。
(2015.1.17)                          


※参考文献   「山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
          「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研



※一覧に戻る