ネズミのように森を駆ける
ヤブサメ 藪鮫 (ウグイス科)
Urosphena squameicepus



                                      (2014.4.12:富江町)


★分布:日本では夏鳥   ★大きさ:11センチほど(スズメぐらい)
★福江で見られる時期:4月中旬〜8月で記録あり

林の中に仕掛けた自動撮影カメラに一枚だけ写っていたこの鳥。ウグイ
ス科のヤブサメです。大きさはスズメぐらいで、眼の上の白いまゆのよう
な部分が目立つのが特徴です。尾の部分も短くて、寸詰まりな感じです。
日本には夏鳥として渡ってきます。日本列島や朝鮮半島、中国などで夏
の間に子育てをし、秋にはタイや中国南部に渡って冬を越します。

外見は地味ですが、ヤブサメはちょっと変わった鳥です。林の中で暮らし
ており、林内の地上をまるでネズミのような動きで跳ね回るというのです。
そうやって、昆虫やクモなどの獲物を探します。
しかし、今回は自動撮影カメラでの撮影なので、私自身はまだ実物を見
てはいないのでした。森を駆け回る姿、いずれお目にかかりたいものです
が…。
ところで、先ほど尾が短いと書きましたが、それは地表を動き回るために
は都合がいいはずです。理にかなった体型をしているわけですね。



福江島では4月中旬から8月まで観察されているそうですが、生息環境が
木立の中であるということで、見つけようと思わない限りは、なかなか出会
うチャンスはないでしょう。
興味深い鳥ですが、もうひとつ気になったのはその名前です。「ヤブサメ」
って、漢字では藪鮫と書くのです。私はてっきり、馬上から矢を放つ、「流
鏑馬」かと思っていたのですが。藪の中をゆく鮫のようなハンター?とか、
そんなことで考えられた名前…だったりするのでしょうか?
(2014.10.21記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
       「山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社

※一覧に戻る