写真写りはよろしいようで
チゴハヤブサ 稚児隼 (タカ科)
Falco subbuteo



                      (玉之浦町大瀬崎にて:井上勝巳さん撮影)


★分布:夏鳥(冬は北海道などで繁殖、冬は本州以南に渡る)
★大きさ:30センチほど(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:不明

写真からは勇壮で大きく見えますが、実際はハヤブサに比べてずいぶん
小さく、ハトぐらいの大きさしかありません。福江では秋の大瀬崎で教えて
もらって何度か見ました。夏、北海道など北のほうで繁殖するので、秋に
福江で見られるものは越冬地に向かう途中なのでしょうか。


                            (玉之浦町大瀬崎にて:井上勝巳さん撮影)

飛んでいるチョウやトンボをしばしば捕らえるそうです。
(2007.9.16記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る