日本最大のカイツブリ
カンムリカイツブリ 冠鳰 (カイツブリ科)
Podiceps cristatus  



                                     (2015.3.2:玉之浦湾)


★分布:日本列島では冬鳥(本州の一部では繁殖)   ★全長:56センチ (カラスぐらい)
★福江で見られる時期:冬期(秋~春)

頭の冠羽が特徴的な大型のカイツブリ。カラスほどの大きさになり、日本
で見られるカイツブリ類では最も大柄です。全長で比べると、普通のカイ
ツブリの2倍にもなります。上の個体は小魚を捕らえてくわえているところ
です。

世界には年を通して生息する地域もありますが、日本で見られるものは
渡りをする個体群で、夏に中央アジアなどで繁殖し、冬期には日本列島
や中国南部などで越冬します。日本では基本的に冬鳥ですが、青森県の
一部などでは繁殖しているものがいるようです。



湖沼や内湾などの水辺に飛来します。長崎県でも諫早湾ほかに多数やっ
てきますが、福江島では毎年見られるもののそれほど多くは見かけませ
ん。島内では、出会えても撮影可能な距離まで接近できるチャンスは少
ないです。



カイツブリの仲間らしく潜水を得意とし、魚を捕らえて食べます。この撮影
時も、幾度となく獲物を仕留めるようすを観察できました。


                                     (2015.2.25:玉之浦町・小川)

私自身は1羽での観察が多いのですが、知人によると5羽ほどの集団で
見られることもあるそうです。日本を離れる春には100羽を越える群れを
つくることも多いようですが、福江島ではそうした光景に出会うのは難しそ
うです。残念ながら…。
(2017.3.30)


※参考資料 「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
       「長﨑県の野鳥(2015)」 長﨑県野鳥の会

※一覧に戻る