いちばん大きなシラサギ
ダイサギ 大鷺 (サギ科)
Egretta alba alba
Egretta alba modesta



                                       (2014.12.30:福江川)


★分布:本州以南   ★大きさ:90センチほど
★福江で見られる時期:ほぼ年中

全身が白いサギ、「シラサギ」を見たことがある人は多いでしょう。しかし
「シラサギ」というのは、実際は何種類かの白いサギをまとめて呼んでいる
総称なのです。そのようなわけで、「シラサギ」にはコサギとかチュウサギ
とか、そんな仲間たちがいるのですが、ダイサギはその中でいちばん大き
い種類です。名前の通り「大」ということでわかりやすいですね。

ダイサギは世界各地に広く見られる鳥なのですが、日本で見られるもの
は2つのタイプ(亜種)がいるとされています。ひとつは亜種ダイサギ(ある
いは亜種オオダイサギ)と呼ばれるタイプで、日本には秋から春にかけて
越冬のためにやってくる冬鳥です。もうひとつは亜種チュウダイサギと呼
ばれるタイプで、こちらは日本で子育てをするためにやってくる夏鳥です。
そして、これらの中には年を通じて日本にとどまるものもいます。
また、季節によって、くちばしの色や足の色に変化が見られます。



福江島では、福江川などで獲物を狙う姿がよく見られます。12月から1月
にかけ、同じ個体と思われるダイサギを何度か撮影したのですが、これ
は冬越しのためにやってきた亜種ダイサギ(亜種オオダイサギ)ということ
になります。亜種チュウダイサギより少し大きい体格で、足のすねから上
付近が黒ではなく、白っぽい色、淡い色といわれます。亜種チュウダイサ
ギの場合は足全体が黒いそうです。



獲物を狙う時は、動きをとめてじっとしています。そして、長いくちばしを
使って一瞬で仕留めます。
人に対する警戒心はけっこう強く、こちらの姿を見せている場合はあまり
寄れません。少しずつ寄っていくと、ある距離で下のように飛び立ってし
まいます。



4月の終わりには、水の抜けた水田で2羽を見つけました。こちらも亜種
ダイサギです。


                           (2014.4.25:旧福江市・西来院)

とらえた獲物は、カエルでした。



島内では単独または少数で見ることが多いダイサギですが、春・秋の渡り
のシーズンには大きな集団が見られることがあります。


                              (2012.4.11:岐宿町・河務)

2012年の春、岐宿町の河口干潟で観察した群れは、写真で確認すると
50羽弱。



胸や背中から、長い羽が風に揺れていました。繁殖期に見られる飾り羽
です。繁殖のために渡ってきた亜種チュウダイサギと思われます。



翌日には、彼らの姿はもう見えませんでした。
ダイサギ集団は島内で子育てをしたのでしょうか。それとも、しばらく休憩
したのちに本土方面を目指して飛び立っていったのでしょうか。
(2014.12.6)                          


※参考文献   「新訂 日本の鳥550 山野の鳥」 文一統合出版
        「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る