日本最小のタカ
ツミ 雀鷹 (タカ科)
Accipiter gularis

準絶滅危惧 (NT)…長崎県レッドリスト2011



                       (玉之浦町大瀬崎にて:井上勝巳さん撮影)


★分布:日本全国  ★大きさ:30センチほど(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:不明

日本一小さなタカ。漢字も「雀鷹」、つまりスズメ的なタカという意味ですね
。なんでこれでツミというのかはよくわかりませんが…。

平地や山地の林にすんでいるそうで、そこで小鳥や虫を捕らえて食べる
そうです。小さいとはいえ、さすがにタカですね。
九州以北では夏に見られ、冬には東南アジアなどに渡って越冬します。
福江のものはどうなのでしょうか。


                             (玉之浦町大瀬崎にて:井上勝巳さん撮影)

ハチクマの渡り観察地、大瀬崎では時々上空に現れます。ほとんど単独
で、数はそんなに多くありません。やはり南へ渡っていく途中なのだろうと
思います。
最近は、東京近郊などの都市部近くでも繁殖しているそうです。
(2007.9.16記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社


※一覧に戻る