福江のカモでは少数派か
オナガガモ 尾長鴦 (カモ科)
Anas acuta



                                 (08.2.21:旧福江市・内闇ダム)


★分布:冬鳥として全国に飛来  ★大きさ:オス75センチ、メス50センチほど
★福江で見られる時期:冬

上の写真は2羽のオスです。福江では、08年2月に初めて見つけました。
東京・上野の不忍池などでは非常にたくさん見られるおなじみのカモで、
他の多くのカモと同じく、メスは褐色の地味な姿をしています。
福江にやってくる数は、かなり少ないように思います。東京では川でも見
ますが、福江ではもともと少ないせいか、福江川などでも私は見たことが
ありません。



この日に見つけたのは4羽。遠いのと、風が強いのとで、これだけ撮るの
が精一杯でした。鳥の撮影は、私には難題です。
(08.3.4記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る