クリクリした目が愛らしい
コサメビタキ 小鮫鶲 (ヒタキ科)
Muscicapa dauurica



                                (2016.10.2:玉之浦町・大瀬崎)


★分布:日本列島では夏鳥(五島では旅鳥)
★全長:13センチ(スズメぐらい)
★福江で見られる時期:春(4〜5月頃)と秋(9〜10月頃)

スズメぐらいの大きさの小鳥。夏にシベリア南部やヒマラヤ方面、朝鮮半
島および日本列島で繁殖し、冬はインド亜大陸などユーラシア大陸南部や
東南アジア(インドネシア・フィリピンなど)に渡って越冬します。日本列島も
繁殖地ではあるのですが、五島列島では春と秋の渡りの時期に一時滞在
する旅鳥と考えられています。長崎県本土でも旅鳥のようです。

開けた場所に面した林でよく見られ、道路際のサクラ並木にもしばしば姿
を現します。お腹側は白さが目立ち、背中側はグレー。クリクリした眼が
可愛らしいです。



繁殖期以外は単独で見られることが多く、枝にとまって、飛んでいる虫を
狙います。獲物が射程距離に入ると、パッと飛び立って捕らえ、同じ枝に
戻ります。



五島では見られないと思いますが、繁殖値ではコケを巣材にして、枝の
上に木のコブのような巣をつくります。



2016年10月現在、国(環境省)および長崎県のレッドリストには載っていま
せんが、全国20を越える都道府県で絶滅危惧種としてレッドリストに掲載
されています。全国的には数を減らしつつあるようです。福江島では現状、
春も秋も姿を見せてくれていますが。
(2016.10.21)


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
         「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る