極東アジアの特産種
ウミウ 海鵜 (ウ科)
Phalacrocorax capillatus



                                  (2015.12.8:旧福江市・長手)


★分布:福江島では冬鳥(本土ではでは留鳥〜漂鳥)  ★全長:84センチ(カラスより大きい)
★福江で見られる時期:冬期(秋〜春)

日本各地の海岸岩場でよく見られるウ。珍しいというイメージはありませ
んが、世界的にみると日本列島周辺のアジア極東地域にだけ生息する
種類で、英名もJapanese Cormorantといいます。個体数は数千程度とみ
られ、決して多いとは言えない鳥です。
福江島では夏の時期には見られないようで、冬鳥と考えられています。



島まわりでは、海上の岩場に数羽から十数羽で群れている姿をよく目に
しますが、単独でいることもあります。

海でよく見られるウミウに対し、カワウという種類も日本でおなじみです。
両者はよく似ているのですが、いくつかの点に注意すると見分けることが
できます。まず、頭部を見ると、クチバシの外側に広がる黄色い部分が
ありますが、この形に違いがあります。水色のラインで示しましたが、ウミ
ウでは黄色の部分が「くの字」のような形で外側に食い込んでいます。一
方カワウでは、この部分がもっとなだらかになっています。



また、一見黒っぽく見える羽の外観をよく見ると、ウミウでは少し緑がかっ
ています。これが、カワウでは茶色がかって見えることが多いのです。
また、飛んでいる時に下から見上げるとわかるのですが、ウミウは羽が
体の中央よりやや後ろ側についています。カワウでは、羽が体のほぼ中
央についているように見えます。



また、カワウは木にとまりますが、ウミウはとまらない、など行動の違いも
あります。

水中に潜って魚を捕らえます。時には獲物を奪い合ったりすることもある
ようで、下の写真では魚をくわえて先行する個体を、後ろの個体がしつこく
追っていました。
ちなみに、岐阜県の長良川では「鵜飼い」が有名ですね。訓練したウを使
ってアユをとらえるのですが、鵜飼いで使われるのはカワウではなくウミウ
であるというのはよく知られるところです。ウミウのほうが体が大きく、丈夫
だからだと言われています。


                                        (2015.11.5:富江町・土取)

海面に浮いていることも少なくありません。海上から飛び立つ時は、バタ
バタと助走をしながら羽ばたき、舞い上がります。


                                      (2015.11.2:富江町・山崎海岸)

姿をみることは難しくありませんが、接近して撮影するのは結構難しいで
す。こちらの姿が相手に見えている場合は、一定の距離まで近づくと飛び
去ってしまいます。



人の近づけない岩場などに集団繁殖地をつくり、岩棚などに海藻や枯れ
草を運んで営巣します。福江島での繁殖は確認されていませんが、同じ
五島列島の北部、斑島(まだらじま…小値賀町に属する有人島)が九州
で最南端の繁殖地なのだそうです。



2016年1月現在、国の絶滅危惧種とはされていませんが、千葉県では重
要保護生物、神奈川県・新潟県では準絶滅危惧種(NT)となっています。
海に大きく依存して生きている鳥なので、海洋環境の変化によって、その
前途は左右されるということになるでしょう。            


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会
         
 「2007年度 野生鳥獣保護管理技術者育成研修(カワウ)講義資料」

※一覧に戻る