水中は好まない
コシャクシギ 小杓鷸 (シギ科)
Numenius minutus

絶滅危惧TB類(EN)…環境省レッドリスト2015
絶滅危惧TA類(CR)…長崎県レッドリスト2011改訂版



                              (2017.4.23:三井楽町・白良ヶ浜)


★分布:日本では旅鳥   ★大きさ:30センチ(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:春・秋の渡りの時期

全長30センチほどになるシギの仲間で、日本列島では春と秋に見られる
旅鳥です。繁殖地のシベリアと越冬地のオーストラリアやニューギニア方
面とを行き来する途中で立ち寄ります。なかなか出会うチャンスが少ない
渡り鳥だそうですが、福江島ではほぼ毎年観察されているようです。

同じシギの仲間にダイシャクシギ・チュウシャクシギという種類がいますが、
前者2種のほうが体が大きく、クチバシがはるかに長いです。こちらはク
チバシが短めということもあるのか、小顔に感じます。八頭身的というか、
体全体に対して頭のプロポーションが小さく見えるように思います。



この個体は海岸で撮影したものですが、野鳥に詳しい知人によると珍しい
ケースだといいます。シギといえば水辺に飛来し、水に入って獲物を探す
種類が多いのですが、コシャクシギはそうではありません。



通常は草地や農耕地などに飛来します。水田に現れても、歩き回るのは
畦の上です。下の個体を数十分観察してみましたが、水田内に入ること
はありませんでした。ハチやアブ、バッタなどの昆虫を好んで食べるよう
です。


                                      (2017.4.21:玉之浦町・中須)

草陰のツバメチドリとこんにちは…。



通常は少数で見られるようです。私はこれまで1羽か2羽で観察していま
す。


                                    (2017.4.23:三井楽町・白良ヶ浜)

2017年6月現在では国のレッドリストで絶滅危惧TB類(EN)、長崎県では
絶滅危惧TA類(CR)という高ランクの絶滅危惧種に指定されています。
しかし、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストには載っていない(90年代
には載っていた)ので、世界的にみると危機的状況にあるわけではないよ
うです。日本に立ち寄る個体群が減っているということなのでしょうか?
コシャクシギにとって、旅の中継地としての日本列島のレベルが下がって
いる、ということでなければ良いですけども。
(2017.6.20)                         


※参考資料 「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長崎県の野鳥(DVD)」 長崎県野鳥の会
        IUCN(国際自然保護連合) HP
        「日本のレッドデータ検索システム(HP)」

※一覧に戻る