福江に来るものは警戒心が強い?
オシドリ 鴛鴦 (カモ科)
Aix galericulata

準絶滅危惧 (NT)…長崎県レッドリスト2011



                                (08.2.21:旧福江市・内闇ダム)


★分布:中部地方より北で繁殖、本州以南で越冬  ★大きさ:45センチほど
★福江で見られる時期:冬(一部は通年?)

美しい羽で知られるカモの仲間、オシドリです。福江では毎年、冬になると
渡ってきます。旧福江市の内闇(うちやみ)ダムや富江町の繁敷(しげじき)
ダムなどで見ることができます。長崎県の鳥にも指定されている鳥です
(1966年指定)。
という私ですが、福江では2007年に初めて見ました。

派手な姿をしているのは実はオスで、メスは下の写真のようにグレーの地
味な姿をしています。



オシドリはちょっと変わったカモで、ドングリが大好物です。福江にいる冬
の間は、おそらく時々森の中に入ってシイやカシなどの実を拾って食べて
いるのでしょうね。

このオシドリ、東京の私のアパートから電車で遠くないところにある井の頭
公園(武蔵野市)の池にも毎年やってきます。ここに来るものは、あまり人
を恐れません。
いつも人が写真を撮っているのですが、ほとんど気にするようすもないの
です。しかし、福江ではそうではありません。オシドリだけでなく、カモ類全
般がそうですが、東京などに来るものと比べて警戒心が強いように感じま
す。
ですから、福江で初めてオシドリを見た2007年1月(内闇ダム)は、オシドリ
はとても遠くの水面にいました。岸近くに近づいていくと、私に気づいたオ
シドリの群れはゆっくりと遠ざかっていくのです。写真を撮っても点のようで
した。

しかし、2008年の冬はようすが違いました。
内闇ダムに行ってみると…驚いたことに、水位が非常に低くなっていて、
水面の面積が例年の半分?ぐらいしかありませんでした。なんでも、秋か
ら雨が少なくて水量が減ってしまっているとか。注ぎ込む川はほとんど涸
れていました。
下の写真のような状況だったのですが、普通、水は木々のそばまで来て
いるのです。



しかし、水の面積が狭くなっていることは私にとってはチャンスでした。
つまり、カモたちが距離的に近いということなのです。木陰から双眼鏡で
ようすを探ると、カルガモやマガモの群れが水面や岸辺で休んでいるの
が見えました(マガンも2羽いたようなのですが、私は気づきませんでした)。
しかし、オシドリは?いない?と思ってしばらく探すと、対岸の岸辺に結構
な数で群れていることがわかりました。


                       
こちらからは50mほどは離れているでしょうか。しかし、それでも去年より
ははるかに近い。これ以上遠くにも逃げないはず…。しかし、運が悪いこ
とにはこの日は非常に強い風が吹いていました。小型の望遠鏡にデジカ
メを取り付けて撮影するのですが、私の三脚はバードウオッチャーが持っ
ているようなどっしりしたものではありません。
そのため、風でどうしても微妙にぶれてしまうのです。
ここで紹介している写真はそんな状況で撮ったものです。粘りましたが、つ
いにシャープな映像を撮影することはできませんでした。

いずれまた、チャンスはめぐってくる…はずです。
なお、少数ながら年を通して福江にすんでいるオシドリもいるらしいです。
(08.3.4記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社


※一覧に戻る