福江では珍しい!日本固有種
セグロセキレイ 背黒鶺鴒 (セキレイ科)
Motacilla grandis



                                     (2015.2.15:岐宿町・中嶽)


★分布:九州以北の日本列島   ★大きさ:21センチ(スズメより少し大きい)
★福江で見られる時期:秋〜春頃?

羽の色が、きれいに黒白で染め分けられたようなセキレイの仲間。日本
固有種で、川などの水辺に生息し、水生昆虫を好んで食べます。
これは2月半ば、福江島のほぼ中央部を流れる川にいた一羽です。セキ
レイの仲間らしく、尾羽を上下に降りながら石の上を少しずつ移動してい
ました。

この日、私は知人である写真愛好家とバッタリ出会いました。そこで、「さ
っき川にこんな鳥がいた」と写真を見せてもらったのですが、それがこの
セグロセキレイだったのです。私は東日本に長く住んでいたのですが、セ
グロセキレイは何度も見たことがあって、珍しいという印象はありません
でした。しかし、福江島では一度も見たことがありませんでした。福江島
では、東京付近でもたくさんいるハクセキレイも渡り鳥ですから、セグロ
セキレイもそうではないかと思い、いた場所を教えてもらってそこへ向か
いました。

幸いに、セグロセキレイはまだ同じ場所にとどまっていました。



2,3羽いたと聞いていたのですが、そこにいた3羽のうち2羽はハクセキ
レイで、セグロセキレイは1羽だけでした。
下の画像はハクセキレイです。


                                  (ハクセキレイ・2015.2.15:岐宿町・中嶽)

川幅が広い場所で、両岸のコンクリ護岸から下に降りるのが難しかった
ため、近づいて撮影することはできずに終わりました。残念でした。



島在住で鳥に詳しい知人によると、セグロセキレイは福江では数年に一
度ぐらいしか観察されないということでした。やはり、ここでは極めて珍し
い存在ということです。日本固有種で、しかも本土ではわりとよく見る鳥で
あるというのに、不思議なことです。



彼らにとって福江島は、ごく少数が旅の途中(国内移動)で一時的に立ち
寄る…ぐらいの場所なのでしょうか。その後、何度か同じ場所に行ってみ
たのですが、再びセグロセキレイに出会うことはありませんでした。
(2015.4.4)                         


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社

※一覧に戻る